日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真
昭和7年(1932)2月11日 神宮競技場
日本代表 38-5 カナダ代表
疲労のカナダに大勝
 
「今回来朝するチームの実力は一昨年遠征した時のチームより遥かに強い。なぜならば一昨年の遠征地はカナダ・ブリティッシュコロンビア州であり、全カナダチームは西部、中部、東部のカナダ全土から選出されたチームだからだ」と香山蕃が当時の日刊紙[不詳]に記述している。日本協会もこのチームを全カナダと記録しているが、まだBC州が中心である。
「歴戦のためかカナダ軍は疲労してFWが不活発だった。それに引きかえ、全日本の出来栄えは素晴らしかった。殊にハーフ陣の木下、野上の動き、加えてTB陣の活躍で予想以上の点差で大勝した。日本でラグビーが始められてから漸く30年たった今日、日本が示した印象に残るプレーはスクラムの低い組み方、その速いヒールアウト[スクラムからボールをかき出すプレー]で、これはカナダを驚嘆させた」(『協会50年史』P70-72)。
 
No.11★3 カナダ代表第1回来日第7戦
1932年2月11日 G:神宮競技場 R:別所安次郎 KO 14:35
日本代表385カナダ代表
1伊集院 浩(明大)2251G.E.R.コックス
2松原 武七(早大)1602アルバート・デュテンプル
3西垣 三郎(明大)3ウィリアム・ウォートン
4大野 信次(早大)4T14ジョニー・ローランド
5三島  実(京大)2G15ジェリー・ブーン
6岡田 由男(明大)2PG06A.B.ミッチェル
7都志 悌二(明大)0DG07ジャック・ベイン
C8足立 卓夫(京大OB)8キャンベル・フォーブス
9木下 太郎(明大)4T09アイバー・サンドリー
10野上 一郎(早大)2G010ピート・ウィルソン
11北野 孟郎(慶大)0PG011フランク・スキリングス
12平生 三郎(京大) 0DG0C12レン・レロイ
13柯  子彰(早大)13ジョージ・ニブロ
14鳥羽 善次郎(明大)14アーネスト・ピンカム
15笠原 恒彦(明大)15ブライアン・ハニングス
得点:T鳥羽3、岡田、都志、野上、平生、柯、G笠原3、北野、PG笠原2