日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表国際大会史

ラグビーワールドカップ史

 
 ラグビーワールドカップ(以下RWC)は、昭和62年(1987)5月22日から6月20日にかけて、第1回大会がNZと豪州を舞台に行われた。1871年にRFU(イングランド協会)が創立されてから116年目となるが、長いラグビーの歴史から見れば24年前はついこの間である。しかし、さらに歴史を重ねれば、将来はRWC開催以前がラグビー前史となるに違いない。大きな歴史の転換期であった。
 RWC開催以前、ラグビー界はIRB[1996年度まではIB]加盟8ヵ国(イングランドアイルランドスコットランドウエールズフランス、NZ、豪州、南アフリカ)が、ほぼ独占的に運営してきたといって過言ではない。世界に門戸を開く時がきたのは歴史の必然であろう。しかし保守と革新の対立は、ラグビー界でもプロ・アマ問題を中心に難航してきた。
 RWC開催までの葛藤を詳しく述べれば一冊の本になる。ここでは『ラグビーマガジン』に連載されたJ.B.G.トーマス1)の「ウエールズ便り」(1985年4月号~1986年12月号)を参考に私の考察を述べる。
 1985年3月20日から22日にパリで行われたIRB総会で、1987年のRWC開催案がNZに支持された豪州から提案された。英4ヵ国はスケジュール過密とアマチュア遵守の立場から懸念を表明したが、結局開催に同意して、準備委員会を設置した。
 翌1986年7月から1987年3月までRFUに研修留学した私は、ドン・ラザフォード(Don, Rutherford2))の委員会で多くのことを学んだが、彼から英国4ヵ国の推進派と協力して守旧派を説得したと聞いている。世界からの孤立を恐れた守旧派が、しぶしぶ改革案を認めたのだろう。
 RWC開催の決定から本番までわずか2年3ヵ月。この間、世界のラグビーは、南アフリカのアパルトヘイト政策3)と、プロ・アマ問題で揺れ続けた。開催決定後も反対意見を持つ関係者は「RWC開催はNZ、豪州を利するだけ。世界一といわれる南アが不参加でRWCといえるのか。アマチュアが遵守できるのか。大会運営費への不安はないのか」などの批判を隠さなかった。ソ連は早くも、南ア不参加なら大会ボイコットと表明するなど、本当にRWCが開催されるのか危ぶむ声も多くなってきた。
 その渦中に1985年7月17日、NZオールブラックスの南ア遠征がキャンセルされるという大問題が起きた。「あらゆる反対を押しきって実施する」はずだったNZ協会が、政府の説得と裁判所の仮処分4)で遠征を正式に断念した。世界から孤立する南アにとって、NZオールブラックスの遠征中止はラグビー界だけでなく、ホテルや旅行業者にも大きな打撃を与えた。NZでも、すでに旅行費を払い込んだ3000人の応援団への対応に追われるなど大きな問題を残した。
 南アのダニー・クレイブン会長は「スポーツへの政治の介入を、手をこまねいて見ている国際的な競技団体」とIOC(国際オリンピック委員会)やIRBを非難するなど、事態はますます混迷の度を深めていった。
 1986年4月、英国オックスフォードで開かれたIRB創立100周年記念の国際会議の最中に衝撃的なニュースが飛び込んだ。それは政治的配慮で遠征を取りやめたはずのNZオールブラックスのメンバーが、IRBとNZ協会の決定に造反し、南ア・トランスバール協会の招聘に応じ、個人の資格で旅行して現地で合流、NZキャバリアーズと名乗って、4試合のテストマッチを含む12試合を行うというものだった。IRBの会議に出席していた南アのダニー・クレイブン会長も「まったく知らなかった」と驚きを隠さなかった。IRBとNZ協会は、ダニー・クレイブン会長に「即時に追い返す」ことを求めたが、団長のコリン・ミーズ[NZ協会セレクター、1958年にオールブラックス・コルツで来日、私も対戦した]、主将のアンディ・ダルトンは、これを拒否して試合を続けた。
 南アのラグビーファンは狂喜し、大歓迎してキャバリアーズを迎えた。この遠征費を全額負担したのは南ア会長の座を狙っていると噂される、ヨハネスブルクの大富豪ルイス・ルイト[第3回RWC南ア大会時の会長]であり、選手にも多額の現金が渡っていると憶測された。
 この問題を掘り下げるのは本書の役割ではない。一気に結論に入ろう。全員を除名と息巻いたIRBもNZ協会も、南ア協会も、「みんなで渡れば怖くない」と開き直ったNZオールブラックスのメンバーに、振り上げた拳を下ろすことができなかった。帰国後、参加したメンバーは何事もなかったようにオールブラックスに復帰している。団長のコリン・ミーズが「IRBはもはや能力を失い、コントロールする力を失っている。たとえばIRB公認の遠征で豪州は3回も選手に金を払っている。正直いって来年のワールドカップは、さらに現実的になって、選手に休業補償を堂々と支払われるようになると思う」と述べている。
 
 IRB大会組織委員会が1985年8月5日にプランの一部を明かしたが、それによると招待国は南アを除くIRB7ヵ国に加えて、アルゼンチンルーマニアイタリアフィジー、カナダアメリカトンガジンバブエ日本の16ヵ国となっていた。
 結局は南ア協会が、NZ政府と豪州政府にビザを発給してもらえないことを受けて、「初めてのRWCを成功させるために」辞退したことで、やっとRWC開催にこぎつけることができた。こうして始まったRWCがプロ化に向けて走りだしたのは当然の結果であった。
 
第1回ラグビーワールドカップ(NZ、豪州)
 前述した16ヵ国がそのまま招待され、4ヵ国ずつ4グループで予選を行い、各グループの上位2チームが決勝トーナメントを行った。日本代表は宮地克実監督、林敏之主将の布陣で参加したが、アメリカに惜敗し3敗で涙をのんだ。
 決勝トーナメントにIRB8ヵ国(南ア不参加)以外では、フィジーが唯一進出した。準決勝ではNZがウエールズに圧勝、フランスが大接戦の末豪州を下した。3位決定戦では豪州が退場者を出して14人で戦った末、21−22でウエールズに敗れた。決勝はNZがフランスを1トライに押さえて29−9で、下馬評どおり世界一の実力を見せ、地元ファンを熱狂させた。監督はブライアン・ロホア、主将は開幕前にケガをして無念の欠場となった、前述のアンディ・ダルトンに代わって、SHのデビッド・カークが務め、栄えあるエリスカップを手にした。イタリア戦で90メートル独走して怪物といわれた、WTBジョン・カーワン[現日本代表HC]、No8ウェイン・シェルフォード、FLマイケル・ジョーンズはじめ、この直後日本に来日して猛威を振るった世界最強のオールブラックスは、日本のファンの目にも焼きついているだろう。
 準優勝のフランスはジャック・フルー監督、フッカーのダニエル・デュブロカ主将、No8ローラン・ロドリゲス、SHピエール・ベルビジェ、CTBフィリップ・セラ、FBセルジュ・ブランコらの名手が活躍した。3位のウエールズにはSOのジョナサン・デービス、4位に甘んじたが豪州のSHニック・ファージョーンズやWTBデビッド・キャンピージなど、世界の名プレーヤーが一堂に会したラグビーを見られた感激に、テレビ解説をしていた私もRWCの素晴らしさに、ただただ圧倒されていた。決勝の笛を吹いた豪州のケリー・フィッツジェラルド[日本対NZのレフリーとして来日]が、若くして急逝したのは悲しい思い出である。
日本代表試合の観戦記】
 テストマッチNo93テストマッチNo94テストマッチNo95
 
第1回ラグビーワールドカップ1987
昭和62年(1987)5/22~6/20 NZ、豪州
試合会場
NZ(オークランド、ウエリントン、ハミルトン、クライストチャーチ、パーマストンノース、ロトルア、ダニーデン、インバーカーギル、ネイピア)、豪州(シドニー、ブリスベン)
優勝 NZ(1回目)
決勝6/20○NZ29−9フランスオークランドケリー・フィッツジェラルド(A)
3位決定戦6/18ウエールズ22−21●豪州ロトルアフレッド・ハワード(E)
準決勝6/14○NZ49−6ウエールズブリスベンケリー・フィッツジェラルド(A)
6/13フランス30−24●豪州シドニーブライアン・アンダーソン(S)
準々決勝6/6○NZ30−3スコットランドクライストチャーチデビッド・バーネット(I)
6/7フランス31−16フィジオークランドクライブ・ノーリング(W)
6/7○豪州33−15アイルランドシドニーブライアン・アンダーソン(S)
6/8ウエールズ16−3イングランドブリスベンルネ・ウールケ(F)

順位予選A組豪州イングランドアメリカ日本勝点得点失点
1豪州○19-6○47-12○42-2330010841
2イングランド●6-19○34-6○60-720110032
3アメリカ●12-47●6-34○21-181023999
4日本●23-42●7-60●18-2100348123

 
順位予選B組ウエールズアイルランドカナダトンガ勝点得点失点
1ウエールズ○13-6○40-9○29-163008231
2アイルランド● 6-13○46-19○32-92018141
3カナダ● 9-40●19-46○37-41026590
4トンガ●16-29● 9-32● 4-370032995

 
順位予選C組NZフィジイタリアアルゼンチン勝点得点失点
1NZ○74-13○70-6○46-1530019034
2フィジ●13-74●15-18○28-910256101
3イタリア● 6-70○18-15●16-2510240110
4アルゼンチン●15-46● 9-28○25-161024990

トライ数:フィジー6、イタリア5、アルゼンチン4
 
順位予選D組フランススコットランドルーマニアジンバブエ勝点得点失点
1フランス△20-20○55-12○70-1221014544
2スコットランド△20-20○55-28○60-2121013569
3ルーマニア●12-55●28-55○21-2010261130
4ジンバブエ●12-70●21-60●20-2100353151

トライ数:フランス25、スコットランド22
 
※上位2チームが決勝トーナメントに出場する。同点の場合は次の優先順位による。1トライ数、2総得点、3得失点差、4抽選。
※トーナメントは決勝のみ延長戦を行い、なおも同点の場合は1トライ数、2大会を通じてラフプレーによる退場者が少ないチーム。それでも優劣がなければ両チーム優勝。
日本代表メンバー
団長:金野滋(専務理事)、監督:宮地克実(強化委員)、コーチ:水谷眞(強化委員)、トレーナー:及川文寿、
FW:八角浩司(トヨタ)、木村敏隆(ワールド)、藤田剛(日新製鋼)、広瀬務(同大)、洞口孝治(釜石)、相沢雅晴(リコー)、☆林敏之(神鋼)、大八木淳史(神鋼)、栗原誠治(サントリー)、桜庭吉彦(釜石)、宮本勝文(同大)、シナリ・ラトウ(大東大)、千田美智仁(釜石)、河瀬泰治(明大OB)、
HB:生田久貴(三菱商事)、萩本光威(神鋼)、平尾誠二(神鋼)、松尾勝博(ワールド)、TB:大貫慎二(サントリー)、沖土居稔(サントリー)、朽木英次(トヨタ)、吉永宏二郎(マツダ)、吉野俊郎(サントリー)、ノフォムリ・タウモエフォラウ(三洋東京*)、FB:向井昭吾(東芝府中)、村井大次郎(丸紅)
*この年度のみ東京三洋のチーム登録名は三洋東京

 
第2回ラグビーワールドカップ(イングランド他4ヵ国)
 宿沢広朗監督、平尾誠二主将の日本代表は、予選を行うことになったアジア地区で、西サモアに敗れたが、トンガ韓国を破って出場権を得た。本大会ではスコットランドに、前半9−17と健闘したが、後半は圧倒され9−47で敗れた。アイルランドにはトライ数3対4と善戦したが16−32で屈した。最終戦はベルファストでジンバブエに52−8で快勝し、うれしいRWC初の勝利を挙げた。しかしいまもってこれが唯一の勝利であることは、何としても残念だ。
 IRB8ヵ国(南ア欠場)以外でベスト8に勝ち残ったのは、西サモア(現サモア)とカナダである。西サモアウエールズを下しての決勝トーナメント出場だけに価値がある。準決勝は19−18でアイルランドに辛勝した豪州と、カナダの挑戦を退けたNZが対戦した。豪州はNZをノートライ、2PGに押さえて16−6で快勝した。NZがノートライで敗れるのは極めて珍しい。ワイリー監督とハートコーチの確執が敗因と報道されるなど、ラグビー王国が揺れ動く。もう一方の準決勝は西サモアを28−6で下したスコットランドと、フランスに19−10で勝ったイングランドが対戦した。結果はノートライゲームを9−6で制したイングランドが決勝に進出した。3位決定戦はNZが13−6でスコットランドを破って辛うじて面目を保った。
 決勝では豪州がプロップ、ユーアン・マッケンジーの唯一のトライを守りきって12−6でうれしい優勝を遂げた。豪州はボブ・ドゥワイヤー監督が高い評価を受け、主将のSHニック・ファージョーンズとSOマイケル・ライナーのハーフ団が、優勝の原動力と称えられた。WTBデビッド・キャンピージはこの大会を彩ったスターであった。決勝の笛は日本にもなじみの深い、ウエールズのデレック・ベバンが吹いている。
日本代表試合の観戦記】
 テストマッチNo112テストマッチNo113テストマッチNo114
 
第2回ラグビーワールドカップ1991
平成3年(1991)10/3~11/2 イングランド他4ヵ国
試合会場
イングランド(トゥイッケナム、レスター、グロスター、オトレー)
スコットランド(エジンバラ)
ウエールズ(カーディフ、スラネスリー、ポンティプール、ポンティプリース)
アイルランド(ダブリン、ベルファスト)
フランス(パリ、リール、ベジェ、バイヨンヌ、トゥールーズ、グルノーブル、アジャン、ブリーブ)
優勝 豪州(1回目)
決勝11/2○豪州12−6イングランドトゥイッケナムデレック・ベバン(W)
3位決定戦10/30○NZ13−6スコットランドアームズパークスティーブン・ヒルディッチ(I)
準決勝10/27○豪州16−6●NZランズダウンロードジム・フレミング(S)
10/26イングランド9−6スコットランドマレーフィールドケリー・フィッツジェラルド(A)
準々決勝10/20○豪州19−18アイルランドランズダウンロードジム・フレミング(S)
10/20○NZ29−13カナダリールフレッド・ハワード(E)
10/19イングランド19−10フランスパルク・ド・プランスデビッド・ビショップ(NZ)
10/19スコットランド28−6西サモアマレーフィールドデレック・ベバン(W)

順位予選A組NZイングランドイタリアアメリカ勝点得点失点
1NZ○18-12○31-21○46-63009539
2イングランド●12-18○36-6○37-92018533
3イタリア●21-31● 6-36○30-91025776
4アメリカ● 6-46● 9-37● 9-3000324113

 
順位予選B組スコットランドアイルランド日本ジンバブエ勝点得点失点
1スコットランド○24-15○47-9○51-1230012236
2アイルランド●15-24○32-16○55-1120110251
3日本● 9-47●16-32○52-81027787
4ジンバブエ●12-51●11-55● 8-5200331158

 
順位予選C組豪州西サモアウエールズアルゼンチン勝点得点失点
1豪州○ 9-3○38-3○32-193007925
2西サモア● 3-9○16-13○35-122015434
3ウエールズ● 3-38●13-16○16-71023261
4アルゼンチン●19-32●12-35● 7-160033883

 
順位予選D組フランスカナダルーマニアフィジ勝点得点失点
1フランス○19-13○30-3○33-93008225
2カナダ●13-19○19-11○13-32014533
3ルーマニア● 3-30●11-19○17-151023164
4フィジ● 9-33● 3-13●15-170032763

※上位2チームが決勝トーナメントに出場する。同点の場合は次の優先順位による。1トライ数、2総得点、3得失点差、4抽選。
※トーナメントは決勝のみ延長戦を行い、なおも同点の場合は1トライ数、2大会を通じてラフプレーによる退場者が少ないチーム、それでも優劣がなければ両チーム優勝。
日本代表メンバー
団長:金野滋(会長)、副団長:白井善三郎(専務理事)、監督:宿沢広朗(強化委員)、ドクター:丸山浩一、トレーナー:及川文寿、
FW:太田治(日本電気)、高橋一彰(トヨタ)、藤田剛(日本IBM)、薫田真広(東芝府中)、田倉政憲(三菱京都)、木村賢一(トヨタ)、林敏之(神鋼)、大八木淳史(神鋼)、エケロマ・ルアイウヒ(ニコニコドー)、梶原宏之(東芝府中)、中島修二(日本電気)、シナリ・ラトウ(三洋電機)、大内寛文(龍谷大)、宮本勝文(三洋電機)、
HB:堀越正己(神鋼)、村田亙(東芝府中)、松尾勝博(ワールド)、青木忍(リコー)、TB:吉田義人(伊勢丹)、増保輝則(早大)、朽木英次(トヨタ)、☆平尾誠二(神鋼)、元木由記雄(明大)、松田努(関東学大)、FB:細川隆弘(神鋼)、前田達也(NTT関西)

 
第3回ラグビーワールドカップ(南アフリカ)
 小藪修監督、薫田真広主将の日本代表は、RWC予選を兼ねた第14回アジア大会で、韓国を26−11で下して本大会に臨んだ。ブルームフォンティンで10−57ウエールズ、28−50アイルランドと連敗したあと、最後にNZと対戦し2トライを奪ったものの、21トライの猛爆を浴びせられ、17−145で壊滅した。世界注視のRWCでの惨敗だけに、日本が受けたダメージは強烈だった。
 この大会はアパルトヘイト政策に終止符を打って、世界に復帰した南アフリカで開催された。第3回大会にして初めてNZ、南アの両横綱が揃い踏みをした大会である。決勝では脚本どおり両横綱の死闘が演ぜられ、壮絶なノートライゲームは延長戦後半、南アSOジョエル・ストランスキーの劇的なDGで決着を見た。『インビクタス(敗れざるもの)』という題名で映画化され、日本でも公開されたので見た人も多いだろう。ネルソン・マンデラ大統領がフランソワ・ピナール主将と抱擁し、南アの白人と黒人が融和した、あの映像に涙した人も多い。ラグビーが人類の平和に直接貢献した姿に私も感動した。政治家が派閥抗争のたびにノーサイドを口にするようになったが、正真正銘のノーサイドの瞬間は、人々の心に深く刻まれたに違いない。
 世界に復帰するや、いきなりエリスカップを奪ったラグビー王国南アフリカが、第3回RWCの話題を独占するなかで、NZの怪物ウイング、ジョナ・ロムーの名も、ファンの心に刻まれた。ロンドンの観光名所「マダム・タッソー館」に、実物大のロムー人形が飾られた。
 決勝の笛はイングランドのエド・モリソン。3位決定戦をNZのビショップが吹いた。どちらが上か甲乙つけがたい両レフリーだが、自国が決勝に進出したためにビショップは対象から外れた。レフリーの割り当てには、こんな悲哀も生まれるのだ。二人とも来日しているし、エドには菅平で早大の練習試合を吹いてもらった。世界トップレフリーのほとんどが来日し、日本のレフリング向上に寄与してくれるのは素晴らしいことだ。
日本代表試合の観戦記】
 テストマッチNo126テストマッチNo127テストマッチNo128
 
第3回ラグビーワールドカップ1995
平成7年(1995)5/25~6/24 南アフリカ
試合会場
ヨハネスブルク、プレトニア、ダーバン、ケープタウン、ステレンボッシュ、
ブルームフォンティン、ルステンブルク、イーストロンドン、ポートエリザベス
優勝 南アフリカ(1回目)
決勝6/24○南アフリカ15−12●NZヨハネスブルクエド・モリソン(E)
(9−9 延長戦6−3)
3位決定戦6/22フランス19−9イングランドブレトリアデビッド・ビショップ(NZ)
準決勝6/17○南アフリカ19−15フランスダーバンデレック・ベバン(W)
6/18○NZ45−29イングランドケープタウンスティーブン・ヒルディッチ(I)
準々決勝6/10○南アフリカ42−14西サモアヨハネスブルクジム・フレミング(S)
6/10フランス36−12アイルランドダーバンエド・モリソン(E)
6/11○NZ48−30スコットランドプレトリアデレック・ベバン(W)
6/11イングランド25−22●豪州ケープタウンデビッド・ビショップ(NZ)

順位予選A組南アフリカ豪州カナダルーマニア勝点得点失点
1南アフリカ○27-18○20-0○21-893006826
2豪州●18-27○27-11○42-372018741
3カナダ● 0-20●11-27○34-351024556
4ルーマニア● 8-21● 3-42● 3-3430032097

 
順位予選B組イングランド西サモアイタリアアルゼンチン勝点得点失点
1イングランド○44-22○27-20○24-1893009560
2西サモア●22-44○42-18○32-2672019688
3イタリア●20-27●18-42○31-2551026994
4アルゼンチン●18-24●26-32●25-3130036987

 
順位予選C組NZアイルランドウエールズ日本勝点得点失点
1NZ○43-19○34-9○145-17930022245
2アイルランド●19-43○24-23○50-2872019394
3ウエールズ● 9-34●23-24○57-1051028968
4日本●17-145●28-50●10-57300355252

 
順位予選D組フランススコットランドトンガコートジボワール勝点得点失点
1フランス○22-19○38-10○54-18930011447
2スコットランド●19-22○41-5○89-0720114927
3トンガ●10-38● 5-41○29-1151024490
4コートジボワール●18-54● 0-89●11-29300329172

日本代表メンバー
団長:白井善三郎(専務理事)、監督:小藪修(強化委員)、コーチ:洞口孝治(強化委員)、ドクター:河野一郎(強化委員)、トレーナー:皆川彰、
同行役員:コーチ:藤原優(強化委員)、小西義光(強化委員)、河瀬泰治(強化委員)、総務:坂本典幸(強化委員)
FW:太田治(NEC)、高橋一彰(トヨタ)、☆薫田真広(東芝府中)、弘津英司(神鋼)、田倉政憲(三菱京都)、浜辺和(近鉄)、桜庭吉彦(釜石)、赤塚隆(明大)、ブルース・ファーガソン(日野自動車)、梶原宏之(勝沼クラブ)、シナリ・ラトウ(三洋電機)、井沢航(東京ガス)、シオネ・ラトウ(大東大)、羽根田智也(ワールド)、
HB:堀越正己(神鋼)、村田亙(東芝府中)、松尾勝博(ワールド)、廣瀬佳司(トヨタ)、TB:吉田義人(伊勢丹)、増保輝則(神鋼)、ロペティ・オト(大東大)、平尾誠二(神鋼)、元木由記雄(神鋼)、吉田明(神鋼)、FB:松田努(東芝府中)、今泉清(サントリー)

 
第4回ラグビーワールドカップ(ウエールズ他4ヵ国)
 21世紀直前の第4回大会は、カーディフのアームズパークを改装したミレニアムスタジアムを決勝の舞台に開催された。
 平尾誠二監督、アンドリュー・マコーミック主将の日本代表は、第16回アジア大会を制してRWC4回連続出場を果たした。本大会での活躍が大いに期待されたが、サモアに9−43、ウエールズに15−64、アルゼンチンに12−33で屈して3敗に終わった。第4回大会から出場国が20に増えたため、予選で5組のプール戦を行い、各組1位の5チームが決勝トーナメントに出場、各組2位の5チームに3位グループトップのアルゼンチンを加えた6チームの勝者、3チームを決勝トーナメントに進出させた。準決勝では、フランスが43−31でNZを破って決勝進出を果たし脚光を浴びた。前回優勝の南アは、豪州に延長戦の末21−27で競り負けて涙をのんだ。3位決定戦では、前回決勝戦の再現となって観客を沸かせたが、南アが22−18でNZを下し、またも死闘を制した。NZは4位に低迷し、ジョン・ハート監督らに国内でのブーイングが激しくなった。
 決勝は豪州ワラビーズがフランスに35−12で快勝、ジョン・イールズ主将が高々とエリスカップを掲げ、ロッド・マックィーン監督が満面の笑みを見せた。大会MVPはCTBティム・ホランの手に輝いた。日本のトップリーグでも活躍したSHジョージ・グレーガン、SOスティーブン・ラーカムらの豪州ワラビーズが、早くも2回目のエリスカップを手に入れている。決勝のレフリーは、南アのアンドレ・ワトソン君が務め、シャーロック・ホームズ張りの名ジャッジを披露してくれた。この大会ではウルグアイ、ナミビアの両国が初出場している。
日本代表試合の観戦記】
 テストマッチNo159テストマッチNo160テストマッチNo161
 
第4回ラグビーワールドカップ1999
平成11年(1999)10/1~11/6 ウエールズ他4ヵ国
試合会場
ウエールズ(カーディフ、レクサム、スラネスリー)
イングランド(トゥイッケナム、レスター、ブリストル、ハターズフィールド)
スコットランド(エジンバラ、グラスゴー、ガラシールズ)
アイルランド(ダブリン、リマリック、ベルファスト)
フランス(パリ、トゥールーズ、ボルドー、ベジェ、ランス)
優勝 豪州(2大会ぶり2回目)
決勝11/6○豪州35−12フランスミレニアムアンドレ・ワトソン(SA)
3位決定戦11/4○南アフリカ22−18●NZミレニアムピーター・マーシャル(A)
準決勝10/30○豪州27−21●南アフリカトゥイッケナムデレク・ベバン(W)
10/31フランス43−31●NZトゥイッケナムジム・フレミング(S)
準々決勝10/23○豪州24−9ウエールズミレニアムコリン・ホーク(NZ)
10/24○南アフリカ44−21イングランドパリジム・フレミング(S)
10/24○NZ30−18スコットランドマレーフィールドエド・モリソン(E)
10/24フランス47−26アルゼンチンランズダウンロードデレク・ベバン(W)
準々決勝進出決定戦
10/20イングランド45−24フィジトゥイッケナムクレイトン・トーマス(W)
10/20アルゼンチン28−24アイルランドランスステュアート・ディッキンソン(A)
10/20スコットランド35−20西サモアマレーフィールドデビッド・マクヒュー(I)

順位予選A組南アフリカスコットランドウルグアイスペイン勝点得点失点
1南アフリカ○46-29○39-3○47-3930013235
2スコットランド●29-46○43-12○48-0720112058
3ウルグアイ● 3-39●12-43○27-1551024297
4スペイン● 3-47● 0-48●15-27300318122

 
順位予選B組NZイングランドトンガイタリア勝点得点失点
1NZ○30-16○45-9○101-3930017628
2イングランド●16-30○101-10○67-7720118447
3トンガ● 9-45●10-101○28-25510247171
4イタリア● 3-101● 7-67●25-28300335196

 
順位予選C組フランスフィジカナダナミビア勝点得点失点
1フランス○28-19○33-20○47-13930010852
2フィジ●19-28○38-22○67-18720112468
3カナダ●20-33●22-38○72-11510211482
4ナミビア●13-47●18-67●11-72300342186

 
順位予選D組ウエールズサモアアルゼンチン日本勝点得点失点
1ウエールズ●31-38○23-18○64-15720111871
2サモア○38-31●16-32○43-972019772
3アルゼンチン●18-23○32-16○33-1272018351
4日本●15-64● 9-43●12-33300336140

トライ数:ウエールズ14、サモア11、アルゼンチン3
 
順位予選E組豪州アイルランドルーマニアアメリカ勝点得点失点
1豪州○23-3○57-9○55-19930013531
2アイルランド● 3-23○44-14○53-8720110045
3ルーマニア● 9-57●14-44○27-25510250126
4アメリカ●19-55● 8-53●25-27300352135

 
日本代表メンバー
団長:河野一郎(強化推進本部長)、監督:平尾誠二(強化委員)、コーチ:土田雅人(強化委員)、テクニカルアドバイザー:勝田隆(強化委員)、飯島均(三洋電機)、マーク・エラ(日本協会)、田村誠(トヨタ)、中島修二(NEC)、フィットネスコーチ:太田正則(日本協会)、ドクター:福田潤(藤沢湘南大病院)、トレーナー:宮本武宣(サイカ)、総務:小原政昭(東芝)、広報兼渉外:東健太郎(日本協会)
FW:長谷川慎(サントリー)、中道紀和(神鋼)、薫田真広(東芝府中)、坂田正彰(サントリー)、中村直人(サントリー)、小口耕平(リコー)、ロバート・ゴードン(東芝府中)、大久保直弥(サントリー)、桜庭吉彦(釜石)、田沼広之(リコー)、グレッグ・スミス(豊田自動織機)、渡邉泰憲(東芝府中)、木曽一(立命大)、石井龍司(トヨタ)、ジェミー・ジョセフ(サニックス)、伊藤剛臣(神鋼)、
HB:グレアム・バショップ(サニックス)、村田亙(東芝府中)、廣瀬佳司(トヨタ)、岩渕健輔(神鋼)、TB:☆アンドリュー・マコーミック(東芝府中)、元木由記雄(神鋼)、吉田明(神鋼)、古賀淳(三洋電機)、増保輝則(神鋼)、大畑大介(神鋼)、パティリアイ・ツイドラキ(トヨタ)、三木亮平(龍谷大)、FB:松田努(東芝府中)、平尾剛史(三菱京都)

 
第5回ラグビーワールドカップ(豪州)
 向井昭吾監督、箕内拓郎主将の日本代表は、RWC予選のアジア3国対抗で韓国、中華台北に圧勝して、5回連続で本大会に進んだ。第5回大会は出場20チームを4グループに分けて予選ラウンドを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進むオーソドックスな組み合わせになった。日本代表は4敗に終わったが善戦健闘した。11−32スコットランド、29−51フランス、13−41フィジー、26−39アメリカである。この結果に満足しているわけではないが、ゲーム内容は良かった。スコットランドフランスを苦しめたこと、ミスマッチがなかったことを私は評価している。アメリカに負けたのは反省されるが、ゴスフォードに転戦して中3日の日程は苦しかった。本番で競り合いができる力がついてくれば明日に期待が持てる。それを実感させてくれる戦いぶりだった。
 この大会はグルジアが初出場したが、ラグビー強国の牙城は揺るがず、結果的に旧IRB8ヵ国が、決勝トーナメントに初めて揃って顔を連ねた。
 準決勝でNZが豪州に10−22で敗れ長期の低迷を続ける。前の3大会で敗れたワイリー、メインズ、ハートの3監督がいずれも直後に辞任したのに対し、この大会で指揮をとったNZのジョン・ミッチェル監督が「私は辞任しない」と語り、メディアの攻撃を受けた。もう一つの準決勝はイングランドが24−7でフランスを下し決勝に進んだ。
 ここまですべての試合は、ラグビーの母国、イングランドの初優勝を飾るためにあったといっても過言ではない。SOジョニー・ウィルキンソンが延長戦後半、99分37秒[『ラグマガ』村上晃一2004年1月号、P5]に劇的なドロップゴールで優勝を決めた瞬間は、ラグビーの歴史に、永遠に記録され記憶されたことだろう。テレビ観戦の私も、全身金縛り状態で息をつくことさえできなかった。
 初めてエリスカップを母国に持ち帰ったイングランドの歓喜は説明の要はない。クライブ・ウッドワード監督、マーティン・ジョンソン主将、ウィルキンソンらは英国民永遠のヒーローとなった。決勝のレフリーは、前大会に引き続き南アフリカのアンドレ・ワトソンが務めた。2大会連続決勝の笛を吹く偉業はなかなか破られないだろうが、自国がファイナリストになれないことと引き換えの記録である。
日本代表試合の観戦記】
 テストマッチNo189テストマッチNo190テストマッチNo191テストマッチNo192
 
第5回ラグビーワールドカップ2003
平成15年(2003)10/10~11/22 豪州
試合会場
シドニー、ゴスフォード、ブリスベン、タウンズビル、パース、メルボルン、キャンベラ、ロンセストン、ウーロンゴン、アデレード
優勝 イングランド(1回目)
決勝11/22イングランド20−17●豪州シドニーアンドレ・ワトソン(SA)
(14−14 延長戦6−3)
3位決定戦11/20○NZ40−13フランスシドニークリス・ホワイト(E)
準決勝11/16イングランド24−7フランスシドニーパディー・オブライエン(NZ)
11/15○豪州22−10●NZシドニークリス・ホワイト(E)
準々決勝11/9イングランド28−17ウエールズブリスベンアラン・ローランド(I)
11/9フランス43−21アイルランドメルボルンジョナサン・カプラン(SA)
11/8○豪州33−16スコットランドブリスベンスティーブ・ウォルシュ(NZ)
11/8○NZ29−9●南アフリカメルボルントニー・スプレッドベリー(E)

順位予選A組豪州アイルランドアルゼンチンルーマニアナミビア勝点得点失点
1豪州○17-16○24-8○90-8○142-01840027332
2アイルランド●16-17○16-15○45-17○64-71530114156
3アルゼンチン● 8-24●15-16○50-3○67-141120214057
4ルーマニア● 8-90●17-45● 3-50○37-7510365192
5ナミビア● 0-142● 7-64●14-67● 7-37000428310

 
順位予選B組フランススコットランドフィジアメリカ日本勝点得点失点
1フランス○51-9○61-18○41-14○51-292040020470
2スコットランド● 9-51○22-20○39-15○32-111430110297
3フィジ●18-61●20-22○19-18○41-131020298114
4アメリカ●14-41●15-39●18-19○39-26610386125
5日本●29-51●11-32●13-41●26-39000479163

 
順位予選C組イングランド南アフリカサモアウルグアイグルジア勝点得点失点
1イングランド○25-6○35-22○111-13○84-61940025547
2南アフリカ● 6-25○60-10○72-6○46-191530118460
3サモア●22-35●10-60○60-13○46-99202138117
4ウルグアイ●13-111● 6-72●13-60○24-12410356255
5グルジア● 6-84●19-46● 9-46●12-24000446200

 
順位予選D組NZウエールズイタリアカナダトンガ勝点得点失点
1NZ○53-37○70-7○68-6○91-72040028257
2ウエールズ●37-53○27-15○41-10○27-201430113298
3イタリア● 7-70●15-27○19-14○36-12820277123
4カナダ● 6-68●10-41●14-19○24-7510354135
5トンガ● 7-91●20-27●12-36● 7-24100446178

日本代表メンバー
団長:真下昇(専務理事)、副団長:宿沢広朗(強化委員長)、監督:向井昭吾(強化委員)、コーチ:マーク・ベル(日本協会)、飯島均(三洋電機)、マーク・エラ(日本協会)、田村誠(トヨタ)、中島修二(NEC)、総務:小原政昭(東芝)、広報兼渉外:東健太郎、ドクター:福田潤(藤沢湘南大病院)、トレーナー:宮本武宣(サイカ)
FW:長谷川慎(サントリー)、山本正人(トヨタ)、坂田正彰(サントリー)、網野正大(NEC)、豊山昌彦(トヨタ)、山村亮(関東学大)、久保晃一(ヤマハ)、木曽一(ヤマハ)、田沼広之(リコー)、アダム・パーカー(東芝府中)、早野貴大(サントリー)、☆箕内拓郎(NEC)、渡邉泰憲(東芝府中)、大久保直弥(サントリー)、浅野良太(NEC)、伊藤剛臣(神鋼)、斉藤祐也(神鋼)、
HB:苑田右二(神鋼)、辻高志(NEC)、アンドリュー・ミラー(神鋼)、廣瀬佳司(トヨタ)、TB:栗原徹(サントリー)、小野澤宏時(サントリー)、元木由記雄(神鋼)、ルーベン・パーキンソン(サニックス)、難波英樹(トヨタ)、ジョージ・コニア(NEC)、大畑大介(神鋼)、北條純一(サントリー)、FB:松田努(東芝府中)、吉田尚史(サントリー)

 
第6回ラグビーワールドカップ(フランスウエールズスコットランド)
 アジア3国対抗で韓国香港を破り、ジョン・カーワンHC、箕内拓郎主将の日本代表は、6回連続でRWCの出場権を手にした。箕内の2大会連続主将もなかなか破られない記録になるだろう。20ヵ国参加の本大会は、前回と同じく5チーム4グループで予選ラウンドを行った。
 カーワンHCは、緒戦の豪州戦に若手中心のメンバーを当てたが、3−91とまったく歯が立たなかった。前大会同様、中3日という強行日程へ無言の抗議を示し、主力を温存して勝ちにいく目算だったが、日本代表は1引き分け3敗の成績に終わり、ベスト8進出はならなかった。フィジー戦には31−35で敗れたが、本当にあと一歩だっただけに悔しい敗戦だった。ウエールズ戦は18−72のミスマッチ。そして最後の1勝に賭けたカナダ戦は、ロスタイムに平浩二のトライ、大西将太郎の同点ゴールで劇的な引き分けに持ち込んだ。評価は分かれるところだが、私は次につながる戦いをしてくれたと思っている。
 この大会にはポルトガルが初出場したが4敗して去った。大会のハイライトはアルゼンチンの活躍であった。予選ラウンドでフランスに17−12、アイルランドに30−15、グルジアに33−3、ナミビアに63−3と全勝して決勝トーナメントに進出した。勢いの止まらないアルゼンチンは、準々決勝でスコットランドを19−13で破り、準決勝で南アに13−37で敗れたものの、3位決定戦で再び対戦した地元フランスを34−10で破ってブロンズメダルを手にした。アルゼンチン・プーマス[アルゼンチン代表チームのニックネーム・豹]躍進の原動力となったのは、SHアウグスティン・ピチョット主将。目の肥えたフランスのファンを魅了するスピードと切れ味で話題を独占、大会のヒーローとなった。
 もう一つの準決勝はイングランドが14−9でフランスを下し決勝に進出、地元フランスの夢を断った。決勝は南アがイングランドとのノートライゲームを15−6で制し、2度目のチャンピオンに輝いた。マンデラ大統領のあとを継いだ黒人のムベキ大統領が、HOジョン・スミット主将とエリスカップを再び高々と掲げた姿が印象的だった。ジェイク・ホワイト監督は手堅い試合運びでスプリングボクスを2度目の優勝に導いた。決勝のレフリーはアラン・ローランド(アイルランド)が務めている。
日本代表試合の観戦記】
 テストマッチNo227テストマッチNo228テストマッチNo229テストマッチNo230
 
第6回ラグビーワールドカップ2007フランス
平成19年(2007)9/7~10/20 フランス・一部ウエールズスコットランド
試合会場
フランス(*サンドニ、*パリ、マルセイユ、モンペリエ、サンテティエンヌ、ナント、トゥールーズ、ボルドー、ランス、リヨン) *サンドニはスタッド・ドゥ・フランセ、パリはパルク・ド・プランス
スコットランド(エジンバラ)
ウエールズ(カーディフ)
優勝 南アフリカ(3大会ぶり2回目)
決勝10/20○南アフリカ15−6イングランドサンドニアラン・ローランド(I)
3位決定戦10/19アルゼンチン34−10フランスパリポール・ホニス(NZ)
準決勝10/14○南アフリカ37−13アルゼンチンサンドニスティーブ・ウォルシュ(NZ)
10/13イングランド14−9フランスサンドニジョナサン・カプラン(SA)
準々決勝10/7○南アフリカ37−20フィジマルセイユアラン・ルイス(I)
10/7アルゼンチン19−13スコットランドサンドニジョエル・ジャッジ(F)
10/6イングランド12−10●豪州マルセイユアラン・ローランド(I)
10/6フランス20−18●NZカーディフウェイン・バーンズ(E)

順位予選A組南アフリカイングランドトンガサモアアメリカ勝点得点失点
1南アフリカ○36-0○30-25○59-7○64-151940018947
2イングランド● 0-36○36-20○44-22○28-101430110888
3トンガ●25-30●20-36○19-15○25-1592028991
4サモア● 7-59●22-44●15-19○25-21510369143
5アメリカ●15-64●10-28●15-25●21-25100456142

 
順位予選B組豪州フィジウエールズ日本カナダ勝点得点失点
1豪州○55-12○32-20○91-3○37-62040021541
2フィジ●12-55○38-34○35-31○29-1615301114136
3ウエールズ●20-32●34-38○72-18○42-1712202168105
4日本● 3-91●31-35●18-72△12-12301364210
5カナダ● 6-37●16-29●17-42△12-12201351120

 
順位予選C組NZスコットランドイタリアルーマニアポルトガル勝点得点失点
1NZ○40-0○76-14○85-8○108-132040030935
2スコットランド● 0-40○18-16○42-0○56-101430111666
3イタリア●14-76●16-18○24-18○31-5920285117
4ルーマニア● 8-85● 0-42●18-24○14-10510340161
5ポルトガル●13-108●10-56● 5-31●10-14100438209

 
順位予選D組アルゼンチンフランスアイルランドグルジアナミビア勝点得点失点
1アルゼンチン○17-12○30-15○33-3○63-31840014333
2フランス●12-17○25-3○64-7○87-101530118837
3アイルランド●15-30● 3-25○14-10○32-1792026482
4グルジア● 3-33● 7-64●10-14○30-0510350114
5ナミビア● 3-63●10-87●17-32● 0-30000433212

 
日本代表メンバー
GM:太田治(代表事業委員長)、HC:ジョン・カーワン(代表事業委員)、AC:グラント・ドゥーリー(代表事業委員)、FWスポットコーチ:クリス・ギブス(代表事業委員)、フィットネス・コンディショニングコーチ:太田正則(日本協会)、フィットネスコンサルタント:マーティン・ヒューメ(豪州協会)、通訳・コーチングコーディネーター:香川淳一(日本協会)、テクニカルマネジャー:永田隆憲(日本協会)、テクニカル:秋廣秀一(山梨学大)、吉田仁志(三洋電機)、AM:稲辺功太郎(日本協会)、ドクター:田島卓也(宮崎大学)、トレーナー:渡邉誠(日本協会)、桜井順(日本協会)、バッゲッジマスター:鴛渕文哉(カンタベリーオブニュージーランドジャパン)、広報:永井康隆(日本協会)、香川あかね(日本協会)、通訳:中澤ジュリア(FIELD OF DREAMS)
FW:山村亮(ヤマハ)、山本正人(トヨタ)、相馬朋和(三洋電機)、西浦達吉(コカコーラW)、松原裕司(神鋼)、猪口拓(東芝)、大野均(東芝)、熊谷皇紀(NEC)、ルアタンギ侍バツベイ(近鉄)、ルーク・トンブソン(近鉄)、☆箕内拓郎(NEC)、渡邉泰憲(東芝)、木曽一(ヤマハ)、ハレ・マキリ(サニックス)、フィリップ・オライリー(三洋電機)、佐々木隆道(サントリー)→浅野良太(NEC)
HB:吉田朋生(東芝)、矢富勇毅(ヤマハ)→金喆元(近鉄)、小野晃征(サニックス)、TB:大西将太郎(ヤマハ)、ナタニエラ・オト(東芝)、今村雄太(神鋼)、平浩二(サントリー)、ブライス・ロビンス(リコー)、小野澤宏時(サントリー)、遠藤幸佑(トヨタ)、クリスチャン・ロアマヌ(埼玉工大)、北川智規(三洋電機)、FB:有賀剛(サントリー)、久住辰也(トヨタ)
→は負傷による交代

 
ラグビーワールドカップ2011 ニュージーランド大会 日本代表メンバー 対戦記録 ランキング一覧
 
ラグビーワールドカップ2015 イングランド大会 対戦記録 個人記録 チーム記録一覧
 
ラグビーワールドカップ2015 イングランド大会 全選手リスト 日本代表
 
1) 世界的なラグビー記者として知られるウエールズ『ウエスタン・メール』記者。『ラグビーマガジン』に1976年1月号から1995年1月号まで「ウエールズ便り」と題して世界のラグビー情報を220回にわたって長期連載している。
2) RFU(イングランド協会)のTechnical Administrator[私は強化担当専従役員と訳した]が、Junior担当のロン・テニックら数人のスタッフと、クラブ選手権へ移行するスケジュール改革や、低年層へタッチラグビー、タグラグビーを導入するなど、RFUの強化に寄与するあらゆる事業を促進していた。
3) Apartheid=アフリカーンス語で分離、隔離。南アフリカ共和国の有色人種差別政策のこと。1993年に全面廃止(広辞苑)。
4) NZ政府とロンギ首相からの勧告を拒否してきたNZ協会は、南アの人種隔離政策に反対する諸団体から激しい非難が浴びせられていたが、この遠征の差し止め裁判を受理したオークランド高裁から7月13日に「審理が終了するまで出発してはならない」と仮処分命令が出された。ここにいたってNZ協会も出発寸前の7月17日についに正式に遠征断念を声明した。