日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

その他の大会史

全国高校大会史(旧中等学校大会を含む)

全国高校大会トーナメント表 全国高校大会決勝テーブル
 
 日本ラグビー界のU16~U19年代を支え、育ててきた大会は、大正6年(1917)度に創立された大阪毎日新聞社主催[日本協会はまだ組織されていない]の第1回全国蹴球大会である。
 昭和22年(1947)度の第27回まで、戦時中の中断を含めて続いた『中等学校大会』は、昭和24年(1949)の学制改革により『高校大会』と改称されて継続した。この学制改革を期に全国高等学校体育連盟[高体連と略称]が発足、大会の共催に大きな役割を果たしている。
 大阪毎日新聞社の『教育にスポーツの普及・発展は不可欠』と、将来を見越した卓抜な識見で蹴球大会として発足したこの大会は、90年後の今日、全国高等学校ラグビー大会、全国高等学校サッカー大会として、正月のスポーツイベントに欠かせない大輪の花を咲かせている。
 高校のラグビーにとって、その後『花園』が代名詞となったこの大会を中心に、昭和21年(1946)度に発足した『国民体育大会ラグビー少年の部』(別項)、平成12年(2000)度発足の熊谷ラグビー場[第1回決勝は秩父宮]を舞台とした『全国高校選抜ラグビー大会』が三本柱となって、日本のU16~U19年代ラグビーの基盤を構成している。
 全国高校大会史は大きく次の7期に分けることができよう。
第1期 中等学校時代 第1回~第27回
 27回の大会中、9回の優勝を遂げた同志社中を中心に発展してきた。昭和5年(1930)度の第13回大会で同志社中時代はピリオドが打たれ、初優勝を果たした京城師範を筆頭に、台北一中、撫順中など海外組が活躍する時代に突入する。
第2期 秋田工時代 第28回~第40回
 中学大会時代にすでに3回の優勝[引き分け優勝を含む]を経験していた秋田工が、高校大会になって主役に躍り出て8回の優勝を成し遂げている。秋田工時代の間隙を縫って保善高(2回)、天王寺高福岡高慶応高が優勝した。
第3期 第1期戦国時代 第41回~第50回
 秋田工の2回に並んで保善高天理盛岡工が各2回の優勝を果たして気を吐いている。福岡電波高目黒高が初優勝を遂げて注目を集めた。
第4期 目黒高時代 第51回~第60回
 目黒高は4回優勝しているうえに、準優勝を2回経験している。10年間で6回ファイナリストになることは至難の業だ。各校が打倒目黒を目指してチャレンジし、国学院久我山高が2回、天理大分舞鶴高、大阪工大高、伏見工が優勝した。昭和55年(1980)度、第60回大会の決勝が、『スクールウォーズ』という題名でテレビで放映され、映画化もされた山口良治監督率いる伏見工が、大阪工大高に劇的な勝利を収めた試合である。
第5期 第2期戦国時代 第61回~第70回
 秋田工天理国学院久我山高、大阪工大高[双方優勝を含む]が各2回優勝したほか、大東大一高、熊谷工茗溪学園[双方優勝]が優勝するなど激戦が続いた。昭和63年(1988)度の第68回大会は昭和天皇崩御のため決勝が中止、大阪工大高と茗溪学園が双方優勝となっている。
第6期 第3期戦国時代 第71回~第80回
 第73回、74回大会で相模台工が連続優勝を果たした。台頭してきた啓光学園と伏見工が2回優勝したほか、第76回大会では愛知県の西陵商が、26−25という劇的な逆転勝ちで啓光学園を破って初優勝した試合が印象に残る。大阪工大高、国学院久我山高、東海大仰星などが優勝している。
第7期 西高東低、啓光学園時代から東福岡高時代へ 第81回~第90回
 第81回~84回大会まで記虎監督が育てた啓光学園が4連覇を遂げた。中学大会の第3回~7回大会まで同志社中が5連覇した以外、4連覇は高校大会になってから初めての記録である。3連覇も中学時代の同志社中と京城師、中学大会から高校大会にまたがっての秋田工[引き分け優勝を含む]に記録されているだけであり、54年ぶりの4連覇だけにあえて啓光学園時代と記した所以である。西高東低の傾向がますます顕著になっている。平成19年(2007)度の87回大会から、谷崎重幸監督率いる東福岡高校の台頭が目覚ましく、一段抜け出たチーム力を見せつけている。平成22年(2010)度の第90回大会では、桐蔭学園と31−31の死闘を演じ、引き分けで3回目の優勝を重ねた。桐蔭学園の優勝は平成9年(1997)度の第77回大会、国学院久我山高以来、東日本勢として実に13年ぶりのことであった。
優勝校および優勝回数
1秋田工15回(引き分け優勝1回を含む)
2同志社中学9回(全同志社の1回を含む)
3常翔啓光学園7回(啓光学園の6回を含む)
4天理6回(天理中学の1回を含む)
4福岡高6回(引き分け優勝1回を含む)
6目黒高5回
6国学院久我山高校5回
6東海大仰星5回
6大阪工大高校・常翔学園5回(天皇崩御のため双方優勝1回を含む)
10保善高4回
10伏見工業4回
12京城師範3回
12福岡高3回(福岡中学の2回を含む、うち1回は関西・九州分離開催)
14慶応高2回(慶応普通部の1回を含む)
14台北一中2回(引き分け優勝1回を含む)
14撫順中学2回
14天王寺高2回(天王寺中学の1回を含む)
14盛岡工2回
14相模台工2回
20三高等学校、京都第一商業学校、鞍山中学(引き分け優勝)、培材高等普通学校、北野中学(関西・九州分離開催)、
函館市立中学(引き分け優勝)、福岡電波高校、大分舞鶴高校、大東文化第一高校、茗溪学園(天皇崩御のため双方優勝)、
熊谷工業、西陵商業、桐蔭学園(引き分け優勝)、大阪桐蔭各1回

回数試合日優勝チームスコア準優勝チームグラウンドレフリー
【全国高等学校ラグビーフットボール大会決勝】
 第1回から第8回まで日本蹴球大会ラグビーの部、第9回から第27回まで全国中等学校大会、第28回から全国高等学校大会。
第1回大正7年(1918)1.13○全同志社31−0●京都一商豊中運動場杉本貞一
第2回大正8年(1919)1.26三高24−0●同志社中豊中運動場諏訪広胖
第3回大正9年(1920)1.19○同志社中3−0●京都一商豊中運動場甲斐義智
第4回大正10年(1921)1.12○同志社中6−0●京都一商豊中運動場杉本貞一
第5回大正11年(1922)2.11○同志社中6−0●京都一商豊中運動場稗田幸三郎
第6回大正12年(1923)2.11○同志社中14−0立命館宝塚運動場杉本貞一
第7回大正13年(1924)2.10○同志社中6−0●京都一商宝塚運動場上野義一
第8回大正14年(1925)1.20○京都一商12−0●天王寺中甲子園球場奥村正也
第9回大正15年(1926)1.6○同志社中6−3●南満州工甲子園球場目良 篤
昭和2年(1927)大正天皇崩御のため中止
第10回昭和3年(1928)1.7○同志社中11−0●天王寺中甲子園球場杉本貞一
第11回昭和4年(1929)1.7○同志社中41−0早稲田実業南甲子園運動場合田 夷
第12回昭和5年(1930)1.7○慶応普通部8−6●同志社中南甲子園運動場馬場二郎
第13回昭和6年(1931)1.7○京城師範34−3天理南甲子園運動場阿部吉蔵
第14回昭和7年(1932)1.7○京城師範30−5●同志社中南甲子園運動場阿部吉蔵
第15回昭和8年(1933)1.7○京城師範32−5天理南甲子園運動場阿部吉蔵
第16回昭和9年(1934)1.7秋田工8−5●京城師範南甲子園運動場巌 栄一
第17回昭和10年(1935)1.7△台北一中3−3△鞍山中南甲子園運動場阿部吉蔵
(双方優勝)
第18回昭和11年(1936)1.7天理14−5●神戸一中南甲子園運動場阿部吉蔵
第19回昭和12年(1937)1.7○培材高普9−8●台北一中南甲子園運動場阿部吉蔵
第20回昭和13年(1938)1.7秋田工3−0●養正高普南甲子園運動場阿部吉蔵
第21回昭和14年(1939)1.7○撫順中14−11秋田工南甲子園運動場阿部吉蔵
第22回昭和15年(1940)1.7○撫順中11−3秋田工南甲子園運動場阿部吉蔵
第23回昭和16年(1941)1.7○台北一中3−0●福岡中南甲子園運動場細田金弥
第24回関西大昭和17年(1942)1.7○北野中12−3●天王寺中南甲子園運動場阿部吉蔵
第24回九州大会昭和17年(1942)1.6○福岡中9−8●鞍山中福岡春日原運動場伊集院浩
第25回昭和18年(1943)1.7○天王寺中6−0●福岡中南甲子園運動場北島忠治
昭和19年(1944)第二次世界大戦のため中断
昭和20年(1945)
昭和21年(1946)
第26回昭和22年(1947)1.6○福岡中6−0●神戸二中西宮球技場巌 栄一
第27回昭和23年(1948)1.6秋田工6−6△函館市中西宮球技場正野虎雄
(双方優勝)
第28回昭和24年(1949)1.5秋田工13−3四条畷高東京ラグビー場大西鐵之祐
第29回昭和25年(1950)1.5秋田工14−3福岡高西宮球技場杉本 彰
第30回昭和26年(1951)1.5天王寺高8−0秋田工西宮球技場杉本 彰
第31回昭和27年(1952)1.7秋田工13−3北見北斗西宮球技場川越藤一郎
第32回昭和28年(1953)1.7秋田工8−0北見北斗西宮球技場白崎都香佐
第33回昭和29年(1954)1.7福岡高5−0保善高西宮球技場杉本 彰
第34回昭和30年(1955)1.7慶応高6−5秋田工西宮球技場杉本 彰
第35回昭和31年(1956)1.7秋田工14−0保善高西宮球技場杉本 彰
第36回昭和32年(1957)1.7秋田工14−3盛岡工西宮球技場丸岡隆二
第37回昭和33年(1958)1.9保善高14−3日大二高西宮球技場丸岡隆二
第38回昭和34年(1959)1.9秋田工6−0盛岡工西宮球技場丸岡隆二
第39回昭和35年(1960)1.9保善高9−0北見北斗西宮球技場丸岡隆二
第40回昭和36年(1961)1.9秋田工13−6保善高西宮球技場丹羽 正
第41回昭和37年(1962)1.9保善高9−5専大京王西宮球技場丹羽 正
第42回昭和38年(1963)1.9天理8−3北見北斗花園ラグビー場丹羽 正
第43回昭和39年(1964)1.9保善高6−3専大京王花園ラグビー場宮崎俊行
第44回昭和40年(1965)1.9秋田工6−3天理花園ラグビー場宮崎俊行
第45回昭和41年(1966)1.9盛岡工6−5天理花園ラグビー場野々村博
第46回昭和42年(1967)1.9天理14−10専大京王花園ラグビー場宮崎俊行
第47回昭和43年(1968)1.9福岡電波高11−5目黒高花園ラグビー場宮崎俊行
第48回昭和44年(1969)1.9秋田工26−6目黒高花園ラグビー場牧弥太郎
第49回昭和45年(1970)1.9目黒高20−16●諫早農花園ラグビー場宮崎俊行
第50回昭和46年(1971)1.10盛岡工20−9天理花園ラグビー場野々村博
第51回昭和47年(1972)1.9天理17−13目黒高花園ラグビー場野々村博
第52回昭和48年(1973)1.9目黒高27−0花園高花園ラグビー場野々村博
第53回昭和49年(1974)1.9目黒高19−8大分舞鶴花園ラグビー場野々村博
第54回昭和50年(1975)1.9大分舞鶴14−8花園高花園ラグビー場野々村博
第55回昭和51年(1976)1.9国学院久我山25−9目黒高花園ラグビー場野々村博
第56回昭和52年(1977)1.9目黒高29−9花園高花園ラグビー場野々村博
第57回昭和53年(1978)1.9○大阪工大高20−12秋田工花園ラグビー場野々村博
第58回昭和54年(1979)1.7国学院久我山40−6黒沢尻工花園ラグビー場野々村博
第59回昭和55年(1980)1.7目黒高16−14国学院久我山花園ラグビー場野々村博
第60回昭和56年(1981)1.7○伏見工7−3●大阪工大高花園ラグビー場野々村博
第61回昭和57年(1982)1.7○大阪工大高13−4秋田工花園ラグビー場入江康平
第62回昭和58年(1983)1.7国学院久我山31−0目黒高花園ラグビー場平井信一郎
第63回昭和59年(1984)1.7天理18−16大分舞鶴花園ラグビー場入江康平
第64回昭和60年(1985)1.7秋田工9−4相模台工花園ラグビー場入江康平
第65回昭和61年(1986)1.7○大東文化一高8−0本郷高花園ラグビー場井上哲夫
第66回昭和62年(1987)1.7国学院久我山22−6熊谷工花園ラグビー場辻野雅三
第67回昭和63年(1988)1.7秋田工9−4相模台工花園ラグビー場井上哲夫
第68回昭和64年(1989)1.7△大阪工大高茗溪学園花園ラグビー場(辻野雅三・予定)
(天皇崩御のため中止、双方優勝)
第69回平成2年(1990)1.7天理14−4啓光学園花園ラグビー場井上哲夫
第70回平成3年(1991)1.7熊谷工19−9天理花園ラグビー場市川明夫
第71回平成4年(1992)1.7啓光学園28−8国学院久我山花園ラグビー場井上哲夫
第72回平成5年(1993)1.7○伏見工15−10啓光学園花園ラグビー場阿世賀敏幸
第73回平成6年(1994)1.7相模台工19−6●東京農大二高花園ラグビー場市川明夫
第74回平成7年(1995)1.7相模台工27−12長崎北陽台花園ラグビー場市川明夫
第75回平成8年(1996)1.7○大阪工大高50−10秋田工花園ラグビー場市川明夫
第76回平成9年(1997)1.7西陵商26−25啓光学園花園ラグビー場市川明夫
第77回平成10年(1998)1.7国学院久我山33−29●伏見工花園ラグビー場田中伸明
第78回平成11年(1999)1.7啓光学園15−12●大阪工大高花園ラグビー場田中伸明
第79回平成12年(2000)1.7東海大仰星31−7埼工大深谷花園ラグビー場田中伸明
第80回平成13年(2001)1.7○伏見工21−3佐賀工花園ラグビー場森 勝義
第81回平成14年(2002)1.7啓光学園50−17●東福岡高花園ラグビー場相田真治
第82回平成15年(2003)1.7啓光学園26−20●東福岡高花園ラグビー場御領園昭彦
第83回平成16年(2004)1.7啓光学園15−0大分舞鶴花園ラグビー場原田隆司
第84回平成17年(2005)1.7啓光学園31−14天理花園ラグビー場藤 実
第85回平成18年(2006)1.7○伏見工36−12桐蔭学園花園ラグビー場戸田京介
第86回平成19年(2007)1.7東海大仰星19−5●東福岡高花園ラグビー場原田隆司
第87回平成20年(2008)1.7○東福岡高12−7●伏見工花園ラグビー場岩下真一
第88回平成21年(2009)1.7常翔啓光学園24−15●御所工・実花園ラグビー場新野好之
第89回平成22年(2010)1.7○東福岡高31−5桐蔭学園花園ラグビー場大槻 卓
第90回平成23年(2011)1.8△東福岡高31−31桐蔭学園花園ラグビー場麻生彰久
(双方優勝)
第91回平成24年(2012)1.7○東福岡高36−24東海大仰星花園ラグビー場久保 修
第92回平成25年(2013)1.7常翔学園17−14御所実業花園ラグビー場松岡辰也
第93回平成26年(2014)1.7東海大仰星19−14桐蔭学園花園ラグビー場真継丈友紀
第94回平成27年(2015)1.7○東福岡高57−5御所実業花園ラグビー場塩崎公寿
第95回平成28年(2016)1.11東海大仰星37−31桐蔭学園花園ラグビー場原田隆司
第96回平成29年(2017)1.7○東福岡高28−21東海大仰星花園ラグビー場加藤真也
第97回平成30年(2018)1.8東海大仰星27−20大阪桐蔭花園ラグビー場加藤真也
第98回平成31年(2019)1.7大阪桐蔭26−24桐蔭学園花園ラグビー場町田裕一
第99回令和2年(2020)1.7桐蔭学園23-14御所実業花園ラグビー場松本剛