日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
平成27年(2015)2月1日 秩父宮
パナソニックワイルドナイツ 30-12 ヤマハ発動機ジュビロ●
パナソニックワイルドナイツ連覇達成
 
平成26年(2014)度 ジャパンラグビー トップリーグ 2014-2015 プレーオフ トーナメント
2015年2月1日 G:秩父宮ラグビー場 R:麻生 彰久 KO 14:00
パナソニック3012ヤマハ発動機
1稲垣 啓太(関東学大)23121山本 幸輝(近大)
C2堀江 翔太(帝京大)702日野 剛志(同大)
3川俣 直樹(明大)3田村 義和(弘前実)
4谷田部 洸太郎(国士舘大)3T24大戸 裕矢(立命大)
5ダニエル・ヒーナン(サザンQ.L.大)1G15デューク・クリシュナン(ブケマタジャム高)
6劉  永男(檀国大)2PG06モセ・トゥイアリイ(ケルストンボーイズ高)
7西原 忠佑(明大)0DG0C7三村 勇飛丸(明大)
8ホラニ龍コリニアシ(埼玉工大)8堀江 恭佑(明大)
9田中 史朗(京産大)1T09矢富 勇毅(早大)
10べリック・バーンズ(イプスイッチグラマー高)1G010大田尾 竜彦(早大)
11山田 章仁(慶大)0PG011中園 真司(関東学大)
12林  泰基(立命大)0DG012マレ・サウ(タンガロア高)
13霜村 誠一(関東学大)13宮澤 正利(早大)
14北川 智規(関東学大)6814伊藤  力(龍谷大)
15笹倉 康誉(関東学大)15五郎丸 歩(早大)
交代【パ】JP・ピーターセン(ジェネラルハートソッグ高)⑩、三輪忠寛(関東学大)⑬、内田啓介(筑波大)⑮、谷昌樹(東海大)⑤、設楽哲也(関東学大)②、木川隼吾(大東大)①、河野悠輝(福工大)③、飯島陽一(大東大)⑧ 【ヤ】岸直弥(東海大)①、山村亮(関東学大)③、斉田晃平(大東大)⑥、シアレ・ピウタウ(ウェズリーカレッジ)⑪、加藤圭太(筑波大)②、小池善行(東海大)⑨、井本克典(帝京大)⑬

 
 8月22日に開幕したトップリーグ2014−2015は、ファーストステージ、セカンドステージを経て、神戸製鋼コベルコスティーラーズ、パナソニックワイルドナイツ東芝ブレイブルーパスヤマハ発動機ジュビロが、プレーオフトーナメント LIXIL CUP 2015に進出。2月1日の決勝戦は、パナソニックヤマハ発動機の対戦となり、前半を23−12とリードしたパナソニックが、後半、交代出場のJPピーターセンからパスを受けた北川智規がトライして勝負を決めた(最終スコアは、30−12)。
「2つの強いチームがぶつかりあった価値のある決勝戦です。我々も23人をすべて使い切らないといけない厳しい戦いでした。選手を誇りに思います」(パナソニック、ロビー・ディーンズ監督)。粘り強い防御、個々の的確な判断とスキルが光る連覇だった。プレーオフMVPには、パナソニックの山田章仁が選ばれた。