日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
平成24年(2012)2月26日 秩父宮 
サントリーサンゴリアス 47-28 パナソニックワイルドナイツ
サントリーサンゴリアス徹底したアタッキングラグビーで勝利
 
平成23年(2011)度 ジャパンラグビー トップリーグ 2011-2012 プレーオフ トーナメント
2012年2月26日 G:秩父宮ラグビー場 R:平林 泰三 KO 14:00
サントリーサンゴリアス4728パナソニックワイルドナイツ
1小川 真也(日体大)20131木川 隼吾(大東大)
2青木 佑輔(早大)27152堀江 翔太(帝京大)
3畠山 健介(早大)3相馬 朋和(帝京大)
4田原 太一(同大)2T14飯島 陽一(大東大)
5真壁 伸弥(中大)2G15劉  永男(檀国大)
6ジョージ・スミス(ブランビーズ)2PG26バツベイ・シオネ(拓大)
7佐々木 隆道(早大)0DG07若松 大志(関東学大)
C8竹本 隼太郎(慶大)8ヘンドリック・ツイ(帝京大)
9フーリー・デュプレア(ブルズ)3T29田中 史朗(京産大)
10トゥシ・ピシ(クルセイダース)3G110マイク・デラーニ(チーフス)
11小野澤 宏時(中大)2PG111山田 章仁(慶大)
12ライアン・ニコラス(オタゴ大)0DG0C12霜村 誠一(関東学大)
13岸和田 玲央(法大)13ジャック・フーリー(ストーマーズ)
14長友 泰憲(中大)61014北川 智規(関東学大)
15有賀  剛(関東学大)15田邊  淳(クライストチャーチ教育大)
交代【サ】トッド・クレバー(ライオンズ)④、日和佐篤(法大)⑨、元申騎(明大)⑧、ピーター・ヒューワット(ワラタス)⑩、池谷陽輔(法大)①、山岡俊(明大)②、野村直矢(法大)⑬ 【パ】川俣直樹(明大)①、西原忠佑(明大)⑦、野口佑太(正智深谷)⑩、サム・ノートンナイト(カーディフ)⑮、イーリー・ニコラス(拓大)⑨、堺田純(関東学大)⑤

 
 2012年2月26日、秩父宮ラグビー場で行われたプレーオフトーナメントファイナルで勝利したのは、キックオフ直後から徹底したアタッキング・ラグビーを貫いたサントリーサンゴリアスだった。「パナソニックのラッシュディフェンス(激しく前に出てくる防御)には接点で負けたらダメ。シンプルなプレーで接点に勝とうとしました。最初の10分にそれができました」と竹本隼太郎キャプテン。パナソニックにペースを握られる場面もあったが、粘り強く守りぬいての勝利。レギュラーシーズン13節も12勝1敗での1位通過で、文句のつけようのない優勝だった。
 パナソニックワイルドナイツの霜村誠一キャプテンは言った。「一つ一つのプレーで少しずつ食い込まれました」
 前半19分、パナソニックのCTBジャック・フーリーが個人技でトライを奪う。ラックサイドをついたSH田中史朗がタックルを受けると、密集背後からスルスルを加速して、一気にインゴールまで駆け抜けた。
 サントリーは、前半32、36分の連続トライで流れをつかむ。ラックサイドを佐々木隆道が抜け出し、絶妙のパスをSHフーリー・デュプレアへ浮かしてトライ。続いて、ゴール前のラインアウトからモールを押し込み、20-13とリードしたのだ。
 決勝トライは、後半24分のジョージ・スミスだった。ブレイクダウンで前に出たポイントから右に展開すると見せて、スミスが内側に切れ込んでトライ。これでスコアは、37-16。ほぼ勝敗は決した。「去年のサントリーはスピーディーにボールを動かすチームでしたが、今年はさらに柔軟性をもって戦うことのできるチームになりました」とエディー・ジョーンズGM兼監督も嬉しそうに微笑んでいた。
 プレーオフトーナメントのMVPは、3トライのジョージ・スミス。「いつもチームの中での役割を意識してプレーしています。3トライとはいえ、2トライはモールからのもので、練習の成果です」。