日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
平成20年(2008)2月24日 秩父宮ラグビー場
サントリーサンゴリアス 14-10 三洋電機ワイルドナイツ●
サントリー、三洋電機を下して初制覇
 
平成19年(2007)度 第5回マイクロソフト杯決勝
2008年2月24日 G:秩父宮ラグビー場 R:ジョージ・エイユー(A) KO 14:00
サントリーサンゴリアス1410三洋電機ワイルドナイツ
1尾崎  章(同大)7101木川 隼吾(大東大)
2青木 佑輔(早大)702山本  貢(関東学大)
3池谷 陽輔(法大)3相馬 朋和(帝京大)
4サイモン・メイリング(オタゴ大)1T14福永 昇三(東洋大)
5篠塚 公史(法大)1G15飯島 陽一(大東大)
6大久保 直弥(法大)0PG16若松 大志(関東学大)
7佐々木 隆道(早大)0DG07フィリップ・オライリー(カンタベリー大)
8竹本 隼太郎(慶大)8ホラニ龍コリニアシ(埼玉工大)
9田原 耕太郎(早大)1T09田中 史朗(京産大)
10菅藤  心(明大)1G010トニー・ブラウン(オタゴ大)
11小野澤 宏時(中大)0PG011三宅  敬(関東学大)
12ライアン・ニコラス(オタゴ大)0DG0C12榎本 淳平(関東学大)
13平  浩二(同大)13霜村 誠一(関東学大)
C14山下 大悟(早大)7814北川 智規(関東学大)
15有賀  剛(関東学大)15田邊  淳(クライストチャーチ教育大)
交代【サ】前田航平(早大)①、早野貴大(帝京大)④、高谷順二(慶大)⑧、野村直矢(法大)⑩ 【三】エペリ・タイオネ(ニューキャッスル大)⑦、川口大(福岡工大)④、吉田尚史(専大)⑪

 
 どちらが勝ってもマイクロソフト杯初優勝という、フレッシュな対戦が人気を呼んだ。
 トップリーグ発足5年目にして至難の全勝優勝を成し遂げた、宮本勝文監督の三洋電機に、清宮監督率いるサントリーが挑戦する形となった。三洋は彗星のごとく現れたトップリーグ新人王のSH田中史朗、堂々のゲームリード力で全勝に貢献した元NZ代表SOトニー・ブラウンを中心に全盛期に入っていた。新鋭サントリーは、2年目のHO青木佑輔、FL佐々木隆道、No8竹本隼太郎、FB有賀剛らが中心選手に育ち、勢いがあった。前半3分、三洋がブラウンのPGで先制。17分にサントリー竹本がラインアウトから突進してトライ(ニコラスゴール)。23分三洋ラックからNo8コリニアシがトライ(ブラウンゴール)。三洋10−7の折り返しで期待にたがわぬ熱戦となった。後半20分サントリーWTB小野澤がSO野村の内側に参加してトライ(ニコラスゴール)で14−10と逆転、うれしい初優勝をものにした。