日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
平成8年(1996)2月11日 花園ラグビー場
サントリー 27-27 三洋電機
神鋼の連覇消え、サントリー・三洋電機双方優勝
 
平成7年(1995)度 第48回社会人大会決勝
1996年2月11日 G:花園ラグビー場 R:市川明夫 KO 14:00
サントリ2727三洋電機
1中里  豊(筑波大)5171松野 和之(国士大)
2坂田 正彰(法大)22102久米 祐介(東洋大)
3中村 直人(同大)3杉山  篤(大体大)
4栗原 誠治(早大)1T24島田 直樹(東洋大)
5グレン・エニス(BC大)0G25門倉  豊(大体大)
6大森  渚(秋田工)0PG16セシミィ・ダクヤコ(スコット大)
7清宮 克幸(早大)0DG07飯島  均(大東大)
8マックスウェル・オルソン(マリスト高)C8シナリ・ラトゥ(大東大)
C9永友 洋司(明大)3T19堀越 弘二(早大)
10武山 哲也(日体大)2G110大草 良広(法大)
11吉野 俊郎(早大)1PG111藤田 信之(新田高)
12今駒 憲二(早大)0DG012山田 雄紀(専大)
13岡安 倫朗(明大)13セミィ・タウペアフェ(トゥポ高)
14尾関 弘樹(日体大)72114米本 勝治(国士大)
15今泉  清(早大)15新井 昭夫(日体大)
[双方優勝、トライ数の多いサントリーが日本選手権に出場]

 
 この年は出場16チームを4プールに分けて総当たりにするワールドカップ方式を採用した。神鋼は予選3試合に全勝、決勝トーナメントの1回戦でサントリーと20−20と引き分けた。神鋼は前半28分にラックから堀越、平尾、富岡剛と回したトライと、富岡剛の5PGで20点、サントリーが今泉と尾関のトライ、永友の2Gと1PGで17点と追いすがる大接戦は、ロスタイムに入って、サントリーが永友の値千金のPGで追いつき引き分けに持ち込んだ。大会ルールでトライ数が2対1と上回ったサントリーが準決勝への出場権を得て、神鋼はついに無敗のまま8連覇への道を閉ざされたのである。
 史上3回目の引き分け双方優勝となったサントリー、三洋の決勝戦は、ものすごい試合になった。前半14分三洋、ラックからCTBセミィがトライ(新井ゴール)。17分にもラックから堀越弘二、ラトウでトライ(新井ゴール)、14−0とリードした。21分サントリー、中央スクラムから左へ展開、No8オルソン、FL清宮、FB今泉、CTB岡安、WTB吉野とつなぎトライ、40分三洋は新井がPGを決め17−5とリードして折り返す。後半はサントリー永友、三洋新井がともにPGを決めたあと、15分に三洋SH堀越がラックサイドを抜いてトライ(新井ゴール)で27−8と引き離した。三洋が俄然優勢に立ったがサントリーも食らいつく。21分、永友、栗原、清宮、吉野とつなぎトライ(永友ゴール)。28分に三洋FB新井のドリブルを吉野が取ってこの日3本目のトライ、27−20と7点差に迫る。ロスタイムに入った41分、三洋のキックを取った坂田がカウンターアタック、中村、永友、清宮、吉野、尾関とつないでトライ、永友が同点ゴールを決めた。サントリーはこの劇的な同点トライ&ゴールで三洋にトライ数で上回り、両者優勝ながら日本選手権への出場権を獲得した。
 サントリー、三洋電機ともに宿願の初優勝である。しかし試合後の明暗は明らかだった。27−8とリードしたとき、三洋は勝ちを意識したのだろうか。開き直ったサントリーの積極果敢な展開ラグビーを止めきれずに19点差を追いつかれた。しかもトライ数でも逆転されて日本選手権への出場権も失った。三洋電機はシーズンを無敗で終わったが、この結果は同点優勝だから喜べといってもむなしい感じがする。三洋の悲運はどこまで付きまとうのか。
 サントリーは秋の東日本社会人リーグで三洋東芝NECに3敗している。この大会でも引き分けが2つだ。それが神鋼の8連敗を阻んだ試合と、決勝戦という、ともにドデカイ引き分けとなった。