日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
平成4年(1992)1月8日 花園ラグビー場
神戸製鋼 24-15 三洋電機
神鋼またも三洋の追撃を断って4連覇
 
平成3年(1991)度 第44回社会人大会決勝
1992年1月8日 G:花園ラグビー場 R:八木宏器 KO 14:00
神戸製鋼2415三洋電機
1福本 正幸(慶大)1831田畑 欣也(釜石工)
2弘津 英司(同大)6122森川 進豪(同大)
3山下 利幸(淀川工)3原田 克平(東洋大)
4林  敏之(同大)1T04盛田 清人(大体大)
5サイモン・ウェンズレー(オ大)1G05古賀 健一(淀川工)
6武藤 規夫(明大)4PG16岩津 嘉志(大体大)
7大八木 淳史(同大)0DG07宮本 勝文(同大)
C8大西 一平(明大)8シナリ・ラトウ(大東大)
9堀越 正巳(早大)0T29児玉 耕樹(同大)
10藪木 宏之(明大)0G210大草 良広(法大)
11冨岡  剛(青学大)2PG011ワテソニ・ナモア(大東大)
12平尾 誠二(同大)0DG012内藤 美徳(作新学院)
13細川 隆弘(同大)13日向野 武久(作新学院)
14イアン・ウィリアムス(オ大)31314新野  拓(熊谷工)
15綾城 高志(同大)15藤田 信之(新田高)
交代【三】C飯島均(大東大)⑥

 
 前シーズンに続く神鋼、三洋の激突に花園は沸いた。三洋が昨年の無念を晴らそうと必死の戦いを挑んだことは当然であった。三洋にとって惜しまれるのは、その意気込みが空回りして痛い反則につながったことだ。神鋼は平尾からバトンを受けた大西一平新主将がFWをリードし、モール、ラックでしっかりバインドしたのに比べ、三洋は個々のプレーヤーが突っ込んではオフサイドやオーバーザトップの反則を犯した。トライ数は神鋼1に対して三洋2である。神鋼のトライは前半34分ゴール前のラインアウトからモールを押し込んだもの。三洋のトライは後半開始早々ラックの連取からWTB新野拓が決めたのと、31分ラトウのサイド攻撃から田端が右隅に飛び込んだもの(大草ゴール)。試合内容では互角以上に戦いながら、反則数13対3で神鋼細川に6PGの18点を許したのがあまりにも痛かった。