日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
平成3年(1991)1月8日 秩父宮ラグビー場
神戸製鋼 18-16 三洋電機
(東京三洋が社名変更)
神鋼、ウィリアムスのトライで劇的逆転3連覇
 
平成2年(1990)度 第43回社会人大会決勝
1991年1月8日 G:秩父宮ラグビー場 R:真下 昇 KO 14:00
神戸製鋼1816三洋電機
1兼平 盛輝(法大)691田畑 欣也(釜石工)
2弘津 英司(同大)1272森川 進豪(同大)
3山下 利幸(淀川工)3原田 克平(東洋大)
4林  敏之(同大)0T14古賀 健一(淀川工)
5大八木 淳史(同大)0G15岩津 嘉志(大体大)
6武藤 規夫(同大)2PG16宮本 勝文(同大)
7杉本 慎治(同大)0DG0C7飯島  均(大東大)
8大西 一平(明大)8シナリ・ラトウ(大東大)
9萩本 光威(同大)1T19児玉 耕樹(同大)
10藪木 宏之(明大)1G010大草 良広(法大)
11綾城 高志(同大)2PG111ワテソニ・ナモア(大東大)
C12平尾 誠二(同大)0DG012日向野 武久(作新学院)
13藤崎 泰士(早大)13ノフォムリ・タウモエフォラウ(大東大)
14イアン・ウィリアムス(オ大)111414新野  拓(熊谷工)
15細川 隆弘(同大)15藤田 信之(新田高)
交代【三】藤本三直(桐蔭高専)⑥、[三洋電機に社名変更]

 
 平成の名勝負、ファンの皆さんもタイトルであの試合かと思い出されることだろう。三洋電機は5度目の決勝戦、宿願の初優勝を99パーセント手中にしながら、女神はまたも三洋に微笑まなかった。
 三洋は毎年優勝候補に数えられながら、接戦をものにできず不運に泣いてきたが、今シーズンはラトウ、ナモアの加入、古賀、新野、藤田の成長で、チームに勢いが出てきた。攻守にバランスがとれ、今年こそ打倒神戸製鋼の大本命と目されて、ここまで力強く勝ち進んできた。
 前半17分三洋がラトウ、宮本でサイドを突き、モールから田畑がトライ、大草がゴールを決めた。三洋大草のPG、神鋼細川の2PGで9−6と三洋リードで折り返す。後半は三洋大草1PG、神鋼細川2PG、24分三洋新野のトライで16−12とリードした。
 ラグマガ、永田洋光氏の観戦記の一節を引用する。「時計はついに40分を越えた。神鋼はそこからFWが突っ込んでモールを作り、出た球を藪木がチップキック、三洋FB藤田がそれをキャッチして体勢を崩したままタッチへ蹴り出したが、そのとき藪木と藤田が交錯し、タッチジャッジは、一瞬藪木のレイトチャージをアピールするかのような素振りを見せた。観客席からはタッチなのかアピールしているのかよくわからなかったが、ここでペナルティを取られていたら、神鋼のV3はまずなかっただろう。2分後にヒーローとなるウィリアムスは『レフリーが時計を見たので、終わりかと思った』と振り返り、三洋の宮地監督も『勝ったと思った』といっている。しかし結局、神鋼ボールのラインアウトでプレーは再開した。神鋼はそのボールを必死に確保すると右オープンへ展開。切り札のウィリアムスまで回すが、マークのナモアが足をつかんで放さない。ウィリアムスがバックパスを送ろうとしたところを、三洋の藤田がはたきノックオン。そのスクラムが最後のプレーになることは、もはや明らかだった。三洋の初優勝は、もうそこまで来ていた。これから始まるプレーを守り切れば良かったのだ」。
 神鋼必死の反撃もついに40分を切ってロスタイムへ。いつ真下昇レフリーの笛がなるのか。いまならブーッとブザーが鳴ってからのラストプレー。神鋼が最後のボールをつなぎまくる。右オープンへ回されたボールがワンバウンドになったが、平尾がすくい上げてウィリアムスに。ウィリアムスがナモアを振りきってインゴールへ。これで同点。細川が決勝ゴールを冷静に決めて奇跡の逆転優勝のドラマが完成した。テレビ解説をしていた私はこの一連の動きと、三洋宮地克実監督の呆然とした表情が、スローモーションで脳裏に刻み込まれている。