日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
昭和58年(1983)1月8日 秩父宮ラグビー場
新日鉄釜石 16-0 トヨタ自動車
(トヨタ自工が社名変更)
釜石、トヨタを下して怒涛の5連覇
 
 4連覇を支えた森重隆が引退、松尾雄治がプレーイングマネジャーになり主将はPRの洞口孝治。森の穴は筑波大から入社の金子敦之が埋め、HO和田透に多田信行、FL氏家靖男に秋田工の新人泉秀仁が入れ替わった。釜石は準決勝で東芝府中に16−11と苦戦したほかは磐石。決勝ではトヨタに2年連続の完封勝ちを収めた。前半は一進一退だが、釜石が名プレースキッカーに成長した金野年明の2PGで6−0とそつなくゲームを進める。釜石は後半6分にラインアウトからSO松尾が得意のステップでトヨタディフェンスを抜いて、左WTB佐藤勉にロングパスを通してトライ、34分にはトヨタのスクラムを押し込んでターンオーバー、No8千田美智仁からFL高橋博行へパスしてトライ、金野ゴールで16−0とまたもトヨタをシャットアウトした。この大会、釜石松尾は神戸製鋼戦で3DG[大会新記録]を決めるなど相変わらず縦横無尽の活躍を見せている。
 
昭和57年(1982)度 第35回社会人大会決勝
1983年1月8日 G:秩父宮ラグビー場 R:八木宏器 KO 14:00
新日鉄釜石160トヨタ自動車
1石山 次郎(能代工)601八角 浩司(保善高)
2多田 信行(黒沢尻工)100C2平井 俊洋(同大)
C3洞口 孝治(釜石工)3畠山 一寿(明大)
4千田 美智仁(黒沢尻工)0T04太田  豊(千葉敬愛高)
5瀬川  清(釜石工)0G05重村 政実(中京大)
6高橋 博行(秋田工専)2PG06神田  敏(新潟工)
7泉  秀仁(秋田工)0DG07瀬川 秀也(岩内高)
8小笠原 常雄(盛岡工)8三島 茂生(関商工)
9坂下 功正(宮古工)2T09森脇 浩二(中京大)
10松尾 雄治(明大)1G010芳野 喜隆(日体大)
11佐藤  勉(青森工)0PG011金指 敦彦(早大)
12金野 年明(一関工)0DG012坂本 光久(天理大)
13金子 敦之(筑波大)13春藤 尚弘(天理大)
14永岡  章(慶大)61014辻  悦朗(日体大)
15谷藤 尚之(函館西高)15五熊 宏明(名古屋大)
トヨタ自動車に社名変更]