日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
昭和55年(1980)1月8日 花園ラグビー場
新日鉄釜石 27-13 東京三洋
釜石、東京三洋を倒して2連覇
 
昭和54年(1979)度 第32回社会人大会決勝
1980年1月8日 G:花園ラグビー場 R:平井信一郎 KO 14:00
新日鉄釜石2713東京三洋
1石山 次郎(能代工)1061渕上 三郎(福岡工大)
2和田  透(函館北高)177C2天尾 健治(新潟工)
3洞口 孝治(釜石工)3宮内 正幸(中大)
4千田 美智仁(黒沢尻工)2T04坂本  満(大東大)
5瀬川  清(釜石工)1G05柴田 浩一(同大)
6高橋 博行(秋田工専)0PG26大朏 政宏(早大)
7佐野 正文(秋田工)0DG07小林  興(日大)
8小林 一郎(釜石北高)8内田  清(行田工)
9坂下 功正(宮古工)3T19柳澤 康広(熊谷工)
10松尾 雄治(明大)1G010五代 義仁(福岡工大)
11細川 直文(秋田工)1PG111氏野 博隆(同大)
12金野 年明(一関工)0DG012阿久津 敏夫(帝京大)
C13森  重隆(明大)13狩野  均(同大)
14宮本 政志(宮古商)9914持田 義明(熊谷工)
15谷藤 尚之(函館西高)15関   進(中大)


 
 三菱重工長崎に39−3、秋田市役所に26−7、三菱自工京都に21−0、東京三洋に27−13。釜石の優勝までの軌跡を見ると、抜群の安定感がわかる。トーナメントを制するためには①セットプレー(スクラム・ラインアウト)の安定、②ディフェンス力、③優れたゲームメーカー、④正確なゴールキッカーの4つが不可欠であるが、釜石はそのいずれにも最も優れたチームであった。この試合では松尾雄治のゴールキックがまったく不調だったが、他の3点の優位さで釜石が三洋を上回った。
 前半10分釜石は松尾がラックから抜いてWTB細川直文がトライ、三洋の2PGで4−6と逆転されたが、右オープン攻撃から森重隆がトライ、ゴール、10−6で折り返す。後半早々三洋はFB関のライン参加から持田が右隅にトライ、10−10と追いついたが、釜石はSH坂下功正、松尾、森の3トライ、1G1PGで27−13と三洋を突き放した。三洋は3度目の決勝進出も優勝には至らなかった。