日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
昭和53年(1978)1月8日 花園ラグビー場
トヨタ自工 19-15 東京三洋
トヨタ自工が釜石、東京三洋を倒して2回目の優勝
 
 トヨタ自工ラグビー史に残る最強メンバーが9年ぶり2回目の優勝をもたらした。トヨタは準決勝で前回優勝の釜石に、ノーサイド2分前FB田中伸典の40メートル逆転PGで勝った。「伸(しん)のPGが入らなければ、釜石はきっと9連覇していたんですよ」と悔しがっていたのは釜石の森重隆だ。決勝も大接戦だった。前半は三洋がCTB関の2PGで、HO平井俊洋の1トライのトヨタに6−4とリードした。後半5分、トヨタはゴール前のスクラムからSH上田昭夫がブラインドを突きWTB植田実が右隅にトライ、田中が難しいゴールを決め10−6とリードを奪う。三洋は7分にCTB狩野均の飛ばしパスでWTB持田義明が中央に回り込んでトライ(関ゴール)で12−10と再逆転。トヨタは17分にハイパントからLO境政義が抜けてCTB吉村孝秀がトライ(田中ゴール)で16−12と再々逆転。三洋はさらにPGを加え16−15と1点差まで詰め寄ったが、トヨタ田中にPGを追加され突き放された。
 
昭和52年(1977)度 第30回社会人大会決勝
1978年1月8日 G:花園ラグビー場 R:平井信一郎 KO 14:30
トヨタ自工1915東京三洋
1高田  司(明大)461飯降 幸雄(同大)
2平井 俊洋(同大)1592天尾 健治(新潟工)
3永田 重行(明大)3宮内 正幸(中大)
4境  政義(明大)1T0C4小野 和夫(中大)
5太田  昭(安城農林)0G05柴田 浩一(同大)
C6赤間 英夫(日体大)0PG26齋藤  功(松本工)
7益田  清(早大)0DG07坂本  満(大東大)
8太田  豊(千葉敬愛高)8諸田 治作(日大)
9上田 昭夫(慶大)2T19本間 知行(新潟工)
10春藤 尚弘(天理大)2G110鏡  保幸(大東大)
11金指 敦彦(早大)1PG111氏野 博隆(同大)
12久松 一成(沼津工)0DG012関   進(中大)
13吉村 孝秀(日体大)13狩野  均(同大)
14植田  実(日体大)10814持田 義明(熊谷工)
15田中 伸典(天理大)15乙川 浩利(大東大)