日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
昭和44年(1969)1月8日 秩父宮ラグビー場
トヨタ自工 19-13 八幡製鉄
トヨタうれしい初優勝
 
 私は勝負の神様は粋なことをするといつも思う。昨年悔し涙を流したトヨタが、決勝で八幡を破りうれしい涙を流すことになる。トヨタはこの春、日本代表NZ遠征で大活躍した萬谷が加わり攻撃力を増した。山陽パルプ、リコー、富士鉄釜石をなぎ倒して決勝進出、相手は準決勝で宿敵近鉄を18−9で倒した古豪八幡だった。
 前半6分、八幡は牧がラックサイドを抜き北島がトライ(ゴール)と先制する。18分トヨタはFB萬谷が山田を走らせてトライ(ゴール)で同点、24分にはトヨタが萬谷の突進から安藤がトライ(ゴール)、それぞれ1PGを加えて前半をトヨタ13−8で折り返す。後半八幡は20分にラックから北島、牧と回りトライ(ゴール)と追い上げたが、25分トヨタは尾崎のパントを原が押さえてトライ、さらに1PGを加えて八幡の追撃を断った。歓喜のトヨタを横目にグラウンドを去った八幡は、これ以後決勝に進出することはなかった。
 
昭和43年(1968)度 第21回社会人大会決勝
1969年1月8日 G:秩父宮ラグビー場 R:江田昌佑 KO 14:30
トヨタ自工1913八幡製鉄
1杉浦  平(トヨタ学園)1381吉村 靖俊(福岡工)
2角屋 政雄(北見北斗高)65C2江藤 敏勝(福岡高)
3石井 京三(法大)3下薗 征昭(川内高)
4枝田 英雄(広島工)2T14加古 勝洋(和歌山星林高)
5安藤 勝彦(明大)2G15寺井 敏雄(小倉工)
6吉永 昌夫(日大)1PG16西住 弘久(福岡工)
7藤原  進(明大)0DG07川江 秀孝(小倉工)
C8田中  稔(立大)8村田 一男(明大)
9松田 章三(日体大)2T19東  勝利(立大)
10大西 和郎(明大)0G110北島 治彦(明大)
11山田 陸康(法大)0PG011牧  光幸(大分水産)
12曽我部 信武(法大)0DG012岩崎 弘光(東筑高)
13尾崎 真義(法大)13渡辺(久民)昭一(大分舞鶴高)
14原  弘毅(明大)4614山岡  久(立大)
15萬谷 勝治(早大)15碑田  求(福岡工)