日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

新聞記事 写真 機関誌
昭和43年(1968)1月8日 花園ラグビー場
○近畿日本鉄道 6-5 トヨタ自工
近鉄、奇跡の逆転で2連覇
 
 この時代の近鉄は黄金時代を迎えていた。不沈の八幡がトップの座を明け渡したあと、近鉄が一枚看板でラグビー界を支えた。メンバーを見てもその充実ぶりがうかがえる。絶頂期にあった主将の石塚広治を中心に川崎守央、中山忠、神野崇、大久保吉則、豊田次郎、伊海田誠男らのベテランと小笠原博、鎌田勝美、犬伏一誠、坂田好弘らの新鋭がうまくかみ合った最強チームだった。その近鉄に挑んだのが、昇り竜のトヨタトヨタは4回目の決勝進出、前年度も決勝で近鉄に跳ね返され15−3で涙をのんでいる。
 近鉄東京三洋に49−0、栗田工業に33−9、準決勝のリコーに21−6と順調に勝ち進んだ。一方のトヨタも確実に力をつけ、長崎教員を76−3、善通寺自衛隊を90−0の大会新記録、準決勝の富士鉄釜石を11−5と退けて決勝進出、昨年の雪辱を遂げようと意気軒昂だった。
 舞台は整った。いくら内容のいい試合でも、盛り上がりに欠けては後世に語り継がれる名勝負とはならない。後世に残る近鉄中山のロスタイムでの逆転独走トライは、この大舞台で生まれた。まさに九回裏ツーアウトからの逆転ホームランであった。
 前半は近鉄豊田のPGのみで3−0。後半6分、トヨタの右ウイング原が近鉄犬伏のパスをインターセプトして60メートル独走トライ(ゴール)で5−3と逆転、このまま逃げきるかに見えた。残り時間はもうなかった。ここから中山の激走トライが生まれた。「ああ、あの試合か」と思い出されるオールドファンも多いだろう。私も額にテープを巻いた中山が懸命に走った姿が脳裏によぎる。
「ところが次の瞬間に“奇跡”が起こったのだ。相手バックスのキックを受けた石塚が、中央線付近から左ライン際を豪快に突進。これに左ウイング坂田、バックロー[現在のフランカー]河合、FB伊海田とFW、バックス一体となったものすごいフォローが続き、最後はフロントローの中山が左スミに勝利のトライを押さえ込んだ。中山の小柄なからだに飛びついて喜ぶ、小笠原、伊海田、河合、その横でグラウンドをたたいてくやしがるトヨタの選手たち。一瞬シーンとしたスタンドから、割れるような拍手とどよめきがまき起こった。このトライは『試合終了の10秒前だった』と下平主審はいう。文字通りまさに“奇跡の大逆転劇”といわねばならない(後略)」(朝日、署名なし)。
 トヨタのSH松田章三が44年後のいま、その瞬間を語ってくれた。「トヨタボールのラインアウトを取って、タッチへ蹴り出せば終わると思ったが、近鉄のチャージが厳しくてSOの尾崎さんにパス。尾崎さんがライン背後に蹴ったボールがつながれて……。でも、あれがあったから翌年日本一になれたんですよ」。
 
昭和42年(1967)度 第20回社会人大会決勝
1968年1月8日 G:花園ラグビー場 R:下平嘉昭 KO 14:00
近畿日本鉄道65トヨタ自工
1川崎 守央(布施工)301田中  武(法大)
2中山  忠(秋田工)352角屋 政雄(北見北斗高)
3神野  崇(関西大)3石井 京三(法大)
4小笠原 博(弘前実)0T04枝田 英雄(広島工)
5鎌田 勝美(法大)0G05安藤 勝彦(明大)
6伊家村 昭三(目黒高)1PG0C6田中  稔(立大)
7河合 義信(目黒高)0DG07藤原  進(明大)
C8石塚 広治(同大)8杉浦  平(トヨタ学園)
9大久保 吉則(法大)1T19松田 章三(日体大)
10豊田 次朗(西南学大)0G110尾崎 真義(法大)
11坂田 好弘(同大)0PG011山田 陸康(法大)
12犬伏 一誠(早大)0DG012曽我部 信武(法大)
13片岡 幹郎(関西大)13三沢  哲(日体大)
14神庭 正生(天理高)1814原  弘毅(明大)
15伊海田 誠男(日大)15吉永 昌夫(日大)