日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

新聞記事 写真 機関誌
昭和39年(1964)1月8日 花園ラグビー場
八幡製鉄 16-3 近畿日本鉄道●
八幡、近鉄を下し2連覇、10回目の優勝を飾る
 
昭和38年(1963)度 第16回社会人大会決勝
1964年1月8日 G:花園ラグビー場 R:宇野憲治 KO 14:00
八幡製鉄163近畿日本鉄道
1吉村 靖俊(福岡工)831船木 一男(天理高)
2江藤 敏勝(福岡高)802蓬田 和志(天理高)
3小宮 東彦(福岡工)3畠山  忠(秋田工)
4下薗 征昭(川内高)2T14中山  久(成蹊大)
5草津 正武(熊本工)1G05渡辺 修吉(美馬商)
6尾崎 政雄(早大)0PG06佐藤 昭男(秋田工)
7岡部 英二(明大)0DG07佐々木 恭(日大)
8西住 弘久(福岡工)8片山  良(布施工)
9東  勝利(立大)2T0C9福田  廣(日大)
C10松岡 要三(明大)1G010松本 信一(布施工)
11宮井 国夫(明大)0PG011伊海田 誠男(日大)
12伊野 三之(明大)0DG012田中 伸治(徳島城東高)
13北島 治彦(明大)13長谷川 雄彦(同大)
14山岡  久(立大)4714芦田 善美(天理高)
15北岡  進(早大)15神庭 正生(天理高)


 
 八幡は後に日本代表プロップとして活躍する下薗がロックでデビューした。江藤、草津、尾崎、岡部、西住らのFW陣は円熟の域に達してきた。バックスも松岡、宮井、伊野、北岡らのベテラン勢と新人の東、北島らがうまくかみ合い黄金期を継承する。京都市役所を29−0、松戸自衛隊を24−0、準決勝で東横百貨店を31−6で破り決勝進出、一方の近鉄は三井精機を13−6、帯広自衛隊を24−0、準決勝で横河電機を18−3で下している。またも両雄の決戦にファンも燃える。
 近鉄は開始1分にスクラムから佐々木が抜けて中山がトライという速攻を見せた。これで八幡が目を覚ます。10分に尾崎のキックを追った伊野がトライして同点。28分に宮井が左隅にトライ、難しいゴールを伊野が決めて8−3とリード。後半14分八幡はラックから松岡、山岡でトライ(ゴール)、26分にも尾崎のトライで近鉄のとどめを刺した。第1回日本選手権では、この八幡が同大の軍門に下った。