日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
昭和34年(1959)1月8日 秩父宮ラグビー場
八幡製鉄 9-0 近畿日本鉄道●
八幡、近鉄に雪辱して6回目の優勝
 
昭和33年(1958)度 第11回社会人大会決勝
1959年1月8日 G:秩父宮ラグビー場 R:川田大介 KO 14:00
八幡製鉄90近畿日本鉄道
1内村 利久(熊本工)60C1南(貝元)義明(関西学大)
2江藤 敏勝(福岡工)302蓬田 和志(天理高)
3藤  晃和(明大)3畠山  忠(秋田工)
4松岡 英昭(明大)2T04前田 恭平(同大)
5西住 弘久(福岡工)0G05増田 孝雄(天理高)
6山崎 靖彦(早大)0PG06湯朝 尚道(八尾高)
7吉村 靖俊(福岡工)0DG07向出 博之(明大)
8植木 史朗(福岡高)8武田  明(尼崎高)
9関根 万睦(早大)1T09福田  廣(日大)
10尾郷 直司(八幡高)0G010上坂 桂造(同大)
11筒井  清(八幡高)0PG011田中 伸治(徳島城東高)
12西村  寛(小倉高)0DG012森田 重雄(天理高)
13土屋 俊明(明大)13佐藤 錠司(明大)
14宮井 国夫(明大)11714神庭 正生(天理高)
C15佐藤 英彦(早大)15山田 満久(西京高)


 
 八幡が復活して3年ぶりに優勝した。八幡は日本のエース宮井国夫が入社2年目にしてブレイクした。前年度、京都市役所と引き分け、敗れずして去った八幡は、その悔しさをバネに、より完成度の高いチームになって、危なげなく優勝した。9−0と接戦に見えるが、当時のトライは3点、3トライをあげて完封したのだから八幡の完勝といえる。八幡は前半5分、植木が近鉄のパスをインターセプトして40メートル独走して先制、22分にはラックから土屋、宮井とわたりトライ、後半14分にも土屋が左隅にトライをあげて近鉄を突き放した。ゴールが3本とも失敗に終わったのは、泥濘(でいねい)戦だったことによるが、当時はボールが飛ばず、ゴールを決めるのはなかなか難しかった。この大会の準々決勝、近鉄横河電機戦で横河CTB横井久がノーマークでドリブルしているとき、ボールがパンクして消え、チャンスを逃した珍しいアクシデントを、私は観客として目撃している。