日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真 機関誌
昭和32年(1957)1月8日 秩父宮ラグビー場
○近畿日本鉄道 11-0 九州電力
近鉄、八幡と九電を下して完全優勝
 
 ついに近鉄が準決勝で八幡を倒し、決勝で九電を破り宿願の単独優勝を果たした。これまで8回の大会の中で、近鉄九電の引き分け優勝があるが、すべて九州勢が優勝している。この大会で初めて関西に優勝旗を持ち帰ったのだ。それも全試合シャットアウトという完全優勝で。準決勝で宿敵の八幡をFW戦で押さえ込み9−0で快勝した近鉄は、決勝でも九電相手に攻めまくった。風上に陣した近鉄は上坂のロングキックで九電陣に攻め込み、5分にラックサイドを福田がもぐってトライ(ゴール)、22分には九電FB高橋を近鉄武田が猛タックル、こぼれた球を田中が押さえてトライ、24分にはゴール前のラックから上坂が突っ込みフォローした貝元がトライ、11−0とリードを広げた。
 後半風上に回った九電は、キックで近鉄ゴール前に迫ったが、近鉄の好守に阻まれて得点できず逃げきられた。近鉄の無失点優勝は大会初の記録である。
 
昭和31年(1956)度 第9回社会人大会決勝
1957年1月8日 G:秩父宮ラグビー場 R:池田正徳 KO 14:00
近畿日本鉄道110九州電力
1貝元 義明(関西学大)1101長井  巽(中大)
2森田  至(早大)302高武 昭夫(早大)
3蓬田 和志(天理高)3三苫 憲一(修猷館高)
4前田 恭平(同大)3T04藤本 隆則(福岡商)
5増田 孝雄(天理高)1G05因  義道(修猷館高)
6湯朝 尚道(八尾高)0PG06小出 勝昌(西南学大)
7向出 博之(明大)0DG07中川  海(修猷館高)
8武田  明(尼崎高)C8藤村  浩(修猷館高)
9福田  廣(日大)0T09三苫  学(明大)
10上坂 桂造(同大)0G010中田 主基(西南学大)
11佐藤 錠司(明大)0PG011永野 雅弘(同大)
12森田 重雄(天理高)0DG012吉井 道夫(大淀高)
C13門戸 良太郎(同大)13松岡 晴夫(明大)
14田中 伸治(徳島城東高)8314三浦 包治(都城泉ヶ丘高)
15山田 満久(西京高)15高橋 逸郎(明大)