日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

社会人ラグビー史

トーナメント表

 
 55回続いた大会の成績を次ページの表のようにまとめてみた。
 大会の出場チームは96で100に満たない。55年間続いたことを考えると、私には意外に少ない数に思える。だが、この表を見ると、各地区の予選を勝ち抜いて全国大会に勝ち上がることが、とても難しく価値あることだとわかる。
 出場回数のトップは近畿日本鉄道である。53回出場は、わずか2回出場を逃したことがあるだけで、2位のトヨタ自動車の50回出場とあわせて偉大な記録であり、この両チームが大会を牽引してきたといえる。
 優勝回数トップは八幡製鉄の12回、初期に黄金期を迎えていたとはいえ、第42回大会以降14年間出場できなかった最近の成績を見るにつけ、昭和54年(1979)度以降の低迷が残念でならない。それでも7連覇の新日鉄釜石神戸製鋼の追従を許さない優勝記録はすごい。また55回の大会で、13チームしか優勝していないことは、いかに社会人の頂点に立つことが難しいかを教えてくれる。
大会出場チーム数 96
出場回数ベスト10
1近畿日本鉄道53回
2トヨタ自動車(旧トヨタ自工)50回
3三洋電機(旧東京三洋)36回
4神戸製鋼34回
5リコ32回
6新日鉄八幡(旧八幡製鉄)30回
6新日鉄釜石(旧富士鉄釜石)30回
6大阪府警30回
9九州電力28回
10東芝府中26回

優勝チームおよび優勝回数(引き分け優勝を含む)
1新日鉄釜石(旧八幡製鉄)12回
2神戸製鋼9回
2新日鉄釜石(旧富士鉄釜石)9回(引き分け優勝1回を含む)
4近畿日本鉄道8回(引き分け優勝1回を含む)
5トヨタ自動車(旧トヨタ自工)5回
6東芝府中3回
6リコ3回(引き分け優勝1回を含む)
6サントリ3回(引き分け優勝1回を含む)
9三菱自工京都(旧三菱重工京都)2回
10三洋電機(旧東京三洋)1回(引き分け優勝)
10九州電力1回(引き分け優勝)
10三井化学1回
10配炭公団1回

社会人大会ポイント換算成績表
 大会の成績をポイントに換算した表では、トップ近鉄と2位トヨタがずば抜けている。各大会で平均して好成績を収めてきたのがこの両チームであり、社会人大会への貢献度が特出している。皆さんはこの成績表を見てどんな感慨を覚えるのであろうか。
ポイント換算ベスト10
*ポイント基準
(優勝=5点、準優勝=4点、ベスト4=3点、ベスト8=2点、出場=1点)
1近畿日本鉄道140点
2トヨタ自動車(旧トヨタ自工)137点
3新日鉄八幡(旧八幡製鉄)96点
3神戸製鋼96点
5新日鉄釜石(旧富士鉄釜石)95点
6三洋電機(旧東京三洋)90点
7東芝府中76点
8リコ75点
9三菱自工京都(旧三菱重工京都)51点
10サントリ49点