日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

大学ラグビー史

決勝観戦記とテーブル

写真
秩父宮
○明治大 22-17 天理大
 
平成30年(2018)度 第55回大学選手権決勝
2019年1月12日 G:秩父宮 R:
明治大2217天理大
1安  昌豪(③大阪朝高)1251加藤 滉紫(④専大松戸)
2武井 日向(③国学院栃木)10122島根 一磨(④天理)
3祝原 涼介(④桐蔭学園)3小鍛治 悠太(②大産大附)
4片倉 康瑛(②明大中野)2T14由良 祥一(④大産大附)
5箸本 龍雅(②東福岡)1G05アシペリ・モアラ(①日航石川)
6石井 洋介(③桐蔭学園)0PG06岡山 仙治(③石見智翠館)
7井上  遼(④報徳学園)0DG07佐藤  慶(④天理)
8坂  和樹(③明中八王子)8ファウルア・マキシ(④日航石川)
9福田 健太(④茗渓学園)1T29藤原  忍(②日航石川)
10忽那 鐘太(④石見智翠館)1G110松永 拓朗(②大産大附)
11髙橋 汰地(④常翔学園)1PG011中野  豪(④常翔啓光)
12射場 大輔(③常翔学園)0DG012池永 玄太郎(④上之宮太子)
13森  勇登(②東福岡)13シオサイア・フィフィタ(②日航石川)
14山崎 洋之(③筑紫)6314久保 直人(④天理)
15山沢 京平(②深谷)15立見 聡明(③明和県央)
交代【明】松尾将太郎(④東福岡)、山村知也(③報徳学園)、小宮カズミ(④目黒学院)、朝長駿(④長崎北陽台)、松岡賢太(③京都成章)、齊藤剣(④能代工)、吉岡大貴(④日向)、児玉樹(①秋田工) 【天】野田涼太(④天理)、谷口祐一郎(②東海大仰星)、山川力優(③天理)、小畑拓也(③京都外大西)、松田信夫(③天理教校学園)

 
 開始2分、天理大がゴール前ラインアウトのサインプレーで、フッカー島根主将(4年)がブラインドサイドを突いて最初のトライを挙げた。両チーム自慢のスクラムでは、重量で劣る天理大が優位に組み、序盤から明大の苦戦が予想された。しかし同7分、明大はラインアウトから攻撃を継続して前進すると、FB山沢(2年)の見事な飛ばしパスがWTB山崎(3年)に渡り、右サイドラインを駆け抜けて同点トライ。同22分にもラインアウトからのサインプレーでWTB高橋(4年)が抜け出して勝ち越し。12-5で前半を折り返した。
 後半は15分にPGで3点を加え、同21分にはフッカー武井(3年)がトライを挙げてリードを広げた。その後、開き直った天理大は島根主将の執念の走りで1トライを返し、更に勢いづいた天理大は再度島根主将の気迫あふれる走りから、CTBフィフィタがトライを挙げ、5点差に迫った。逆転もあり得ると場内騒然となったが、あと一歩届かなかった。
 自身も3年生SHとして、22年前の優勝に貢献した田中澄憲監督は「部員126人の努力とハードワークが最高の形で現れて、非常に嬉しいです。多くのファンのみなさんの応援が、選手にエネルギーを与えてくれました」と喜びを表現した。