日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本選手権史

日本選手権大会の歩み

写真 機関誌
秩父宮
サントリーサンゴリアス 12-8 パナソニックワイルドナイツ
 サントリーサンゴリアス、積極的姿勢を貫き連覇達成
 
平成29年(2017)度 第55回日本選手権試合
2018年1月13日 G:秩父宮 R:麻生 彰久 
サントリーサンゴリアス128パナソニック ワイルドナイツ
1石原 慎太郎(明大)1251稲垣 啓太(関東学大)
2北出 卓也(東海大)032堀江 翔太(帝京大)
3須藤 元樹(明大)3ヴァル・アサエリ愛
4ジョー・ウィーラー(マルボロボーイズカレッジ)2T14サム・ワイクス(フォース)
C5真壁 伸弥(中大)1G05ダニエル・ヒーナン(ブランビーズ)
6ツイ・ヘンドリック(帝京大)0PG0C6布巻 峻介(早大)
7西川 征克(関西学大)0DG07デビッド・ポーコック(ブランビーズ)
8ショーン・マクマーン(レベルズ)8ベン・ガンター(ガニダー)
9流   大(帝京大)0T09田中 史朗(京産大)
10マット・ギタウ(トゥーロン)0G010ベリック・バーンズ(ワラタス)
11江見 翔太(学習院大)0PG111福岡 堅樹(筑波大)
12中村 亮土(帝京大)0DG012松田 力也(帝京大)
13村田 大志(早大)13笹倉 康誉(関東学大)
14中靏 隆彰(早大)9614山田 章仁(慶大)
15松島 幸太朗(桐蔭学園)15藤田 慶和(早大)
交代【サ】中村駿太(明大)②、森川由紀乙(帝京大)①、垣永真之介(早大)③、ジョーダン・スマイラー(ブランビーズ)④、日和佐篤(法大)⑨、飯野晃司(帝京大)⑤ 【パ】山沢拓也(筑波大)⑬、長谷川崚太(大東大)⑦、内田啓介(筑波大)⑨、谷昌樹(東海大)⑧、ディグビ・イオアネ(レッズ)⑬、坂手淳史(帝京大)②、平野翔平(東海大)③ 

 
 2年連続で同じ顔合わせとなった日本選手権決勝は、連覇を狙うサントリーサンゴリアスが今季のジャパンラグビートップリーグのリーグ戦を無敗で通過したパナソニックワイルドナイツとの激闘を制し、2年連続8回目の優勝を遂げた。2万3416人の大観衆が秩父宮ラグビー場のスタンドを埋める中で行われた決勝では、開始4分にSOマット・ギタウの防御裏へのキックをCTB中村亮土がうまくキャッチし、先生トライを挙げる。パナソニックも直後の8分にLOヒーナンダニエルのトライで2点差に追い上げたが、サントリーは31分に連続攻撃から外のスペースを攻略し、WTB江見翔太がインゴールへ。12-5でハーフタイムを迎えると、後半は16分のPGで4点差に詰め寄られたものの、守りに入ることなく積極的な姿勢でパナソニックに圧力をかけ続ける。終了間際には自陣ゴール前で相手ボールのラインアウトという危機を迎えたが、狙いすましたタイミングでモールを押し込みパナソニックのノックオンを誘発。念頭に終止符を打った。