日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本選手権史

日本選手権大会の歩み

写真 機関誌
国立
パナソニックワイルドナイツ 30-21東芝ブレイブルーパス
ワイルドナイツ4年ぶりの優勝、パナソニックとしては初優勝
 
平成25年(2013)度 第51回日本選手権試合
2014年3月9日 G:国立 R:麻生 彰久 
パナソニック ワイルドナイツ3021東芝ブレイブルーパス
1稲垣 啓太(関東学大)10141久保 知大(筑波大)
2設楽 哲也(関東学大)2072湯原 祐希(流経大)
3相馬 朋和(帝京大)3浅原 拓真(法大)
4劉  永男(檀国大)1T24梶川 喬介(福工大)
5ダニエル・ヒーナン(サザンQ.L.大)1G25大野  均(日大)
6バツベイ・シオネ(拓大)1PG06スティーブン・ベイツ(チーフス高)
7西原 忠佑(明大)0DG0C7リーチ マイケル(東海大)
8ホラニ龍コリニアシ(埼工大)8望月 雄太(同大)
9田中 史朗(京産大)2T19小川 高廣(日大)
10べリック・バーンズ(イプスイッチグラマー高)2G110ディビット・ヒル(ワイカト大)
11山田 章仁(慶大)2PG011大島 修平(関東学大)
12林  泰基(立命大)0DG012渡邊 太生(筑波大)
13霜村 誠一(関東学大)13松延 泰樹(関西学大)
C14北川 智規(関東学大)31614廣瀬 俊朗(慶大)
15笹倉 康誉(関東学大)15吉田 大樹(同大)
交代【パ】飯島陽一(大東大)⑤、JP・ピーターセン(ジェネラルハートソッグ高)⑫、川俣直樹(明大)③、若松大志(関東学大)⑦、三宅敬(関東学大)⑮、イーリー・ニコラス(拓大)⑨、室井達彦(日体大)② 【東】宇薄岳央(同大)⑫、リチャード・カフイ(ワイカト工科大)⑩、三上正貴(東海大)①、山本紘史(明大)⑥、クーパ・ブーナ(オタフフカレッジ高)⑬、松田圭祐(大東大)⑤、森太志(帝京大)②、エストレラ大輔(カリフォルニア大バークレー校)③

 
 第51回目を迎えた日本選手権の頂点に立ったのは、パナソニックワイルドナイツだった。三洋電機時代も含めると4年ぶりの優勝である。
 3月9日の決勝戦は、現在の国立競技場で行われる最後の日本選手権の試合となった。観客は19,571人。青と赤の応援旗がスタジアム中で揺れた。
 前半4分、パナソニックはSOベリック・バーンズのPGで先制したが、東芝もWTB大島がトライして逆転(3-7)。互いに一歩も引かず、点の取り合いとなった。
 後半も一進一退の攻防が続いたが6分、SOバーンズがゴールライン直前まで自ら突破しタックルを受けながらCTB林にパスをつないだトライで20-14とすると、21分、交代出場のJPピーターセンが左コーナーにトライ。これで勝負あったかと思われたが、その直後のキックオフから、リーチマイケルがタックラーを弾き飛ばしながら突進して一気にトライ。27-21の6点差に迫った。両チームの応援団も大いに盛り上がったが、34分、バーンズが45m以上のPGを決めて勝利を確かなものにした。
 今季四度目の対戦となった両チームだが、パナソニックの北川智規は「一番タフで、一番疲れたし、一番身体が痛いです」とコメント。中嶋則文監督は、「これからは追われる立場になります。トップリーグの各チームが取り組んでいるストレングスとフィットネスは、もっと強化したい。強みを伸ばし、弱みを消すよう常に進化しなければいけないと思っています」と来季への意気込みを語った。