日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本選手権史

日本選手権大会の歩み

写真 機関誌
国立
サントリーサンゴリアス 21-9 パナソニックワイルドナイツ
 サントリーサンゴリアス、アタッキングラグビーで連覇達成
 
平成23年(2011)度 第49回日本選手権試合
2012年3月18日 G:国立 R:平林 泰三 
サントリーサンゴリアス219パナソニックワイルドナイツ
1小川 真也(日体大)1431木川 隼吾(大東大)
2青木 佑輔(早大)762堀江 翔太(帝京大)
3畠山 健介(早大)3相馬 朋和(帝京大)
4篠塚 公史(法大)2T04飯島 陽一(大東大)
5真壁 伸弥(中大)2G05ダニエル・ヒーナン(サザンQ.L.大)
6ジョージ・スミス(ブランビーズ)0PG16劉  永男(檀国大)
7佐々木 隆道(早大)0DG07若松 大志(関東学大)
C8竹本 隼太郎(慶大)8バツベイ・シオネ(拓大)
9フーリー・デュプレア(ブルズ)1T09田中 史朗(京産大)
10トゥシ・ピシ(クルセイダース)1G010マイク・デラーニ(チーフス)
11小野澤 宏時(中大)0PG211三宅  敬(関東学大)
12ライアン・ニコラス(オタゴ大)0DG012サム・ノートンナイト(カーディフ)
13平  浩二(同大)C13霜村 誠一(関東学大)
14長友 泰憲(中大)13314北川 智規(関東学大)
15有賀  剛(関東学大)15田邊  淳(クライストチャーチ教育大)
交代【サ】元申騎(明大)⑧、ピーター・ヒューワット(ワラタス)⑩、トッド・クレバー(ライオンズ)④、日和佐篤(法大)⑨、池谷陽輔(法大)①、山岡俊(明大)② 【パ】川俣直樹(明大)①、西原忠佑(明大)⑦、ヘンドリック・ツイ(帝京大)⑤、ジャック・フーリー(ストーマーズ)⑫、イーリー・ニコラス(拓大)⑨、野口佑太(正智深谷)⑩

 
 決勝戦は、トップリーグ(TL)のプレーオフに続き、サントリーサンゴリアスとパナソニックワイルドナイツの対戦となった。
 曇天、微風。小雨で芝生の表面が濡れるミスの起きやすいコンディションの中で、互いの素早いリアクションが見る者を惹きつける好ゲームとなった。
 TL 決勝戦で敗れた反省から、パナソニックは密集周辺の防御を分厚くし、防御ライン全体で激しく前に出た。「勝つためには、サントリーのアタッキング・ラグビーを前に出さないこと」(トニー・ブラウンコーチ)という言葉通り、序盤はパナソニックが押し気味に試合を進める。23分、FB田邉淳がPGを決めて先制。
 しかし、26分、サントリーは、SOトゥシ・ピシが自ら防御背後に蹴り上げたボールをインゴールで押さえて逆転(7-3)。35分には、WTB小野澤宏時がパナソニックSOマイク・デラーニのパスをインターセプトして50mを駆け抜ける。
 パナソニックが最も警戒していたSHフーリー・デュプレアが、次第にパナソニックの防御に対応。タイミングをずらしたパス、パナソニックの意表をつく防御背後への正確なキックで出足を食い止める。
 パナソニックの霜村誠一キャプテンは嘆く。「デュプレアはうまい。強さもあるし、パスもうまい。サントリーは、そこに優秀なランナーが思いきり走り込んでくる。止めにくい」
 勝敗を決定づけたのは、後半29分、デュプレアのパスに走り込んだCTB平浩二だった。エディー・ジョーンズGM兼監督は満足げ。「2年前に監督になったとき、日本で一番のアタッキングチームになるのが目標でした。実際にそうなれたと思いますし、今は日本一のディフェンスのチームでもあると思います」
 二冠の目標を定め、それに対する厳しい練習を一年間続けた、理詰めの優勝だった。