日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本選手権史

日本選手権大会の歩み

写真 機関誌
秩父宮ラグビー場
サントリーサンゴリアス 37-20 三洋電機ワイルドナイツ●
三洋4連覇の夢破り、サントリー9年ぶりの王座
 
平成22年(2010)度 第48回日本選手権試合
2011年2月27日 G:秩父宮ラグビー場 R:相田真治 
サントリーサンゴリアス3720三洋電機ワイルドナイツ
1金井 健雄(慶大)2461木川 隼吾(大東大)
2青木 佑輔(早大)13142堀江 翔太(帝京大)
3畠山 健介(早大)3相馬 朋和(帝京大)
4篠塚 公史(法大)3T04ジャスティン・アイブス(タイエリ高)
5真壁 伸弥(中大)3G05ダニエル・ヒーナン(サザンQ.L.大)
6トッド・クレバー(ネバダ大)1PG26劉  永男(檀国大)
7佐々木 隆道(早大)0DG07若松 大志(関東学大)
C8竹本 隼太郎(慶大)8ホラニ龍コリニアシ(埼工大)
9日和佐 篤(法大)2T29田中 史朗(京産大)
10トゥシ・ピシ(マッセイ高)0G210入江 順和(関東学大)
11小野澤 宏時(中大)1PG011山田 章仁(慶大)
12ライアン・ニコラス(オタゴ大)0DG012サム・ノートンナイト(サザンキャンベラ大)
13平  浩二(同大)C13霜村 誠一(関東学大)
14長友 泰憲(中大)10714北川 智規(関東学大)
15有賀  剛(関東学大)15田邊  淳(クライストチャーチ教育大)
交代【サ】尾崎章(同大)①、山岡俊(明大)②、田原太一(同大)④、ジョージ・グレーガン(キャンベラ大)⑨、ピーター・ヒューワット(ワラタス)⑩、宮本啓希(同大)⑮ 【パ】川俣直樹(明大)①、キーラン・ブラック(クライストチャーチ高)④、山本貢(関東学大)⑤、西原忠佑(明大)⑥、野口裕也(正智深谷)⑩、吉田尚史(専大)⑮

 
 三洋電機ワイルドナイツとして有終の美を飾ろうと燃えた三洋が不完全燃焼に終わった。サントリーは名将エディー・ジョーンズが意図した展開ラグビーで快勝した。前半11分にサントリー小野澤が見事なスピードでサイドを突き破りトライ、33分には連続攻撃から長友がノーマークで飛び込む。更に37分、三洋SO入江とCTBノートンナイトのギャップをSOピシが鋭く突いてトライ。後半16分にサントリーはラインアウトから、HO青木にボールを返すサインプレーが決まって4つ目のトライ。三洋は後半12分の龍コリニアシのトライに、19分霜村の好走からノートンナイトがトライ、いずれも田邉がゴールを決めて20−29と追い上げた。観客はプレーオフでの逆転優勝を思い浮かべたが、サントリーの集中力は切れず、25分に長友が二つ目のトライで勝利を引き寄せ、世界最多キャップ保持者グレーガンの引退に華を添えた。三洋はSOブラウンの欠場が響いた。