日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本選手権史

日本選手権大会の歩み

写真 機関誌
秩父宮ラグビー場
三洋電機ワイルドナイツ 22-17 トヨタ自動車ヴェルブリッツ●
最後に笑う三洋電機トヨタを下して3連覇
 
平成21年(2009)度 第47回日本選手権試合
2010年2月28日 G:秩父宮ラグビー場 R:相田真治 KO 14:00
三洋電機ワイルドナイツ2217トヨタ自動車ヴェルブリッツ
1木川 隼吾(大東大)0121谷地村 政幸(拓大)
2山本  貢(関東学大)2252上野 隆太(明大)
3相馬 朋和(帝京大)3熊谷  隆(東海大)
4ジャスティン・アイブス(タイエリ高)0T24北川 俊澄(関東学大)
5ダニエル・ヒーナン(サザンQ.L.大)0G15中山 義孝(同大)
6劉  永男(檀国大)0PG06ヘイデン・ポップグッド(シャリー高)
7若松 大志(関東学大)0DG07草下  怜(関東学大)
8ホラニ龍コリニアシ(埼玉工大)8菊谷  崇(大体大)
9田中 史朗(京産大)3T1C9麻田 一平(法大)
10トニー・ブラウン(オタゴ大)2G010オレニ・アイイ(オタフフ高)
11三宅  敬(関東学大)1PG011久住 辰也(大体大)
12入江 順和(関東学大)0DG012難波 英樹(帝京大)
C13霜村 誠一(関東学大)13山内 貴之(東海大)
14北川 智規(関東学大)111814水野 弘貴(関東学大)
15田邊  淳(クライストチャーチ教育大)15スティーブン・イエーツ(クライストチャーチ高)
交代【三】川俣直樹(明大)①、堀江翔太(帝京大)②、シオネ・バツベイ(拓大)④、飯島陽一(大東大)⑥、三木亮平(龍谷大)⑩、吉田尚史(専大)⑪、高安厚史(関東学大)⑨ 【ト】遠藤幸佑(法大)⑭、谷口智昭(立命大)⑦、和田耕二(法大)⑨、山本正人(栄徳高)①
シンビン=ホップグッド(ト)

 
 トヨタ自動車が準決勝でトップリーグチャンピオンの東芝ブレイブルーパスを、23−10で退け決勝に駒を進めた。トヨタ三洋に見事な戦いを挑んだ。前半9分にモールを押し込んでトライ、18分にSOアイイが抜いてFLホップグッドがトライ、12−0とリードして折り返し、後半も20分まで三洋に得点を許さない。私は勢いに乗ったトヨタが勝つと見た。大体メンバーを見ても優勝候補の一角に位置していなければおかしいチームなのだ。1PGを返されたあと、ホップグッドが反則の繰り返しでシンビン[10分間の一時的退場]になり、14人になった隙を三洋に突かれ、22分にHO堀江に飛び込まれ8−12と迫られて流れが変わった。勝負を決めたプレーは26分に生まれた。三洋はSOトニー・ブラウンが敵陣でボールを奪い、ヒーナンから北川でトライ、12−15と逆転した。ここというときに働くブラウンや北川は真のエースといえる。トヨタにはここから跳ね返す力が残っていなかった。