日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本選手権史

日本選手権大会の歩み

写真 機関誌
秩父宮ラグビー場
三洋電機ワイルドナイツ 24-16 サントリーサンゴリアス●
三洋電機サントリーを連破、2年連続日本
 
平成20年(2008)度 第46回日本選手権試合
2009年2月28日 G:秩父宮ラグビー場 R:下井眞介 KO 14:03
三洋電機ワイルドナイツ2416サントリーサンゴリアス
1川俣 直樹(明大)391林   仰(明大)
2山本  貢(関東学大)2172青木 佑輔(早大)
3相馬 朋和(帝京大)3畠山 健介(早大)
4劉  永男(檀国大)0T04早野 貴大(帝京大)
5ダニエル・ヒーナン(サザンQ.L.大)0G05篠塚 公史(法大)
6キーラン・ブラック(クライストチャーチ高)1PG36ハレ・ティーポレ(ウェズレイ高)
7若松 大志(関東学大)0DG07上村 康太(早大)
8ホラニ龍コリニアシ(埼玉工大)8竹本 隼太郎(慶大)
9田中 史朗(京産大)3T19田中 澄憲(明大)
10入江 順和(関東学大)3G110曽我部 佳憲(早大)
11三宅  敬(関東学大)0PG011小野澤 宏時(中大)
C12榎本 淳平(関東学大)0DG012ライアン・ニコラス(オタゴ大)
13霜村 誠一(関東学大)C13山下 大悟(早大)
14北川 智規(関東学大)8714北條 純一(日大)
15山下 祐史(関東学大)15長友 泰憲(中大)
交代【三】トニー・ブラウン(オタゴ大)⑫、堀江翔太(帝京大)②、立川大介(関東学大)①、飯島陽一(大東大)④、三木亮平(龍谷大)⑬、吉田尚史(専大)⑮、川口大(福岡工大)⑥ 【サ】成田秀悦(法大)⑨、野村直矢(法大)⑩、有賀剛(関東学大)⑮、山岡俊(明大)②、金井健雄(慶大)①、元申騎(明大)④、平浩二(同大)⑬

 
 東芝の出場辞退により、決勝は昨年と同じ対戦になった。前半はサントリーが優勢だったが、三洋の固い防御を崩せず惜しいトライチャンスを逃がしていた。CTBニコラスの3PG、三洋SO入江の1PGで9−3とリードし前半終了。三洋は後半14分、SOに切り札トニー・ブラウンを投入して入江をCTBに回した。ブラウンはすい臓を痛めてベストの状態ではなかったが、これで流れが変わった。19分ラックからブラウンが飛ばしパス、霜村がタックルさせて、タテ突進の吉田尚史にパスするプレーでトライ(入江ゴール)10−9と逆転。25分にはこぼれ球をブラウンが拾い、川口が激走して右に大きくパスし北川がトライ(入江ゴール)、33分には吉田尚史が北川を走らせてトライ(入江ゴール)で24−9と勝利を決めた。サントリーは北條がトライ寸前にノックオン、曽我部が3DGを外すなど流れを引き寄せられず、終盤は北條の1トライにとどまった。三洋は飯島監督の選手交代がズバリ的中する会心の勝利。