日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本選手権史

日本選手権大会の歩み

新聞記事 機関誌
秩父宮ラグビー場
近鉄 27-14 法大
近鉄法大を下して連覇
 
昭和42年(1967)度 第5回日本選手権試合
1968年1月15日 G:秩父宮ラグビー場 R:西山常夫 KO 14:30
近畿日本鉄道2714法大
1川崎 守央(布施工)21111黒井 末広(②新発田高)
2中山  忠(秋田工)632境  秀憲(③砺波高)
3神野  崇(関西大)3佐藤 鉄三郎(②秋田工)
4小笠原 博(弘前実)5T2C4清水 宏明(④保善高)
5鎌田 勝美(法大)3G15二反田 順二(②崇徳高)
6伊家村 昭二(目黒高)0PG16石田 邦明(④新田高)
7森田  顕(天理大)0DG07汀  和彦(④西陵商)
C8石塚 広治(同大)8鈴木  徹(④保善高)
9大久保 吉則(法大)2T19森田 俊夫(②天理)
10豊田 次郎(西南学大)0G010桂口  力(④小倉工)
11坂田 好弘(同大)0PG011水谷  眞(④目黒高)
12犬伏 一誠(早大)0DG012中村 勇三郎(①千葉工)
13片岡 幹男(関西大)13島崎 文治(④保善高)
14神庭 正生(天理)8814市川 将雄(④沼津商)
15伊海田 誠男(日大)15鈴木(武村)秀夫(②法政一高)

 
 スピード感あふれる展開ラグビーで、早大を下した法大が、近鉄に挑む大一番にファンの期待が集まった。近鉄は終了10秒前に中山の独走トライでトヨタを破った社会人決勝の残像が、まだファンの目に焼きついていた。前半3分、法大はルーズからSH森田がトライ(桂口G)して先制した。近鉄は6分スクラムからSH大久保がサイドを突いて坂田がトライ、9分にはNo8石塚がサイドを突いてトライ、いずれもゴールはならなかったが、6−5と逆転した。20分には近鉄犬伏が法大のキックをチャージし、中央にトライ(ゴール)。法大も22分に桂口PG、30分FB鈴木がライン参加してトライ、11−11と同点に追いつく。近鉄はこの後すぐ31分スクラムから大久保が抜き、豊田、坂田でトライ(ゴール)、34分には犬伏のパントを神庭が押さえトライ(ゴール)と21−11とリードを広げた。後半は近鉄が小笠原、坂田の2トライで法大を市川の1トライに抑えて27−14で連覇を遂げた。