日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本選手権史

日本選手権大会の歩み

新聞記事 機関誌
秩父宮ラグビー場
近鉄 27-11 早大
近鉄、初めて王座へ
 
昭和41年(1966)度 第4回日本選手権試合
1967年1月15日 G:秩父宮ラグビー場 R:江田昌佑 KO 14:30
近畿日本鉄道2711早大
1川崎 守央(布施工)331後川 光夫(③天理)
2中山  忠(秋田工)2482村山  繁(④成城高)
3神野  崇(関西大)3猿田 武夫(③秋田工)
4前田 弘夫(花園高)0T04新元 瑛一(④鹿児島玉龍高)
5鎌田 勝美(法大)0G05八木 紀彦(③九州学院)
6伊家村 昭二(目黒高)1PG16大竹 幾雄(④早大学院)
7石塚 広治(同大)0DG07和泉 武雄(②松山東高)
8河合 義信(目黒高)C8藤本(蒲原)忠正(④天理)
9大久保 吉則(法大)6T19山田 建夫(④西南学院)
10豊田 次郎(西南学大)3G110山本  巌(②新田高)
11坂田 好弘(同大)0PG111萬谷 勝治(③堀川高)
12長谷川 雄彦(同大)0DG012犬伏 一誠(④天理)
13片岡 幹男(関西大)13吉岡  徹(④専大京王高)
C14神庭 正生(天理)11914宮吉 正彦(①大東一高)
15伊海田 誠男(日大)15芝崎 有宏(④城北高)

 
 学生を制覇した早大のセブンFWは、社会人に通用しなかった。後半2分、近鉄バックローセンター[現在のNo8]石塚が密集を抜けてトライ。続いてバックロー[現在のフランカー]伊家村、WTB坂田がトライしてリードを広げる。近鉄はスクラムで、早大の7人FWをじりじりと押しまくる。早大はオープン攻撃の要、セブンエース[TBとFBの中間に配置するポジション名]藤本が攻撃参加どころか、FWが押されたため、常に防御に回らなければならなかった。早大は後半30分、犬伏の快走から宮吉がトライを返したものの、これが精いっぱい。山本の2PGと合わせて11点にとどまった。
 私は近鉄主将石塚広治の、強力FWをリードして早大セブンシステムの弱点を突く、見事なゲーム運びに脱帽した。スクラムから早く展開して近鉄を崩したい早大を、がっちりと両褌を引きつけて寄り切った、近鉄の横綱相撲だった。