日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

年代史

平成

English Español
120シーズン目
【協会】
・ラグビーワールドラグビー2019日本大会開催の前年の2018年度事業計画が出され、2019年度以降の日本ラグビーのあり方について、その方向性を定める大事な1年となった。特にチケットの販売が開始され、大会開催に向けて開催都市、キャンプ地など各支部及び各都道府県協会と連携しながら具体策が推進できる体制が確保された。
日本郵政株式会社と日本代表オフィシャルサポーター契約が2018年7月から2019年3月まで締結された。
・東京2020オリンピック大会のラグビー男女日本代表の出場が決定した。
ワールドラグビー パシフィック・ネーションカップ2019のプール分けと日程(2019年7-8月)が決まった。プールBとなり、カナダサモア同組となった。
日本代表は2019年9月6日南アフリカと対戦が決まった。(会場は熊谷ラグビー場)
・森喜朗名誉会長がワールドラグビーのヴァーノン・ピュー賞を受賞した。この賞はラグビーに対する傑出した功績と国際化に貢献した個人、協会、団体に贈られるものである。
・10月27日にブレディスローカップ(NZ代表豪州代表)が9年振りに日本(横浜国際総合競技場)で開催され4万6千人の観衆がスタンドを埋め尽くした。
・2019年4月1日から指導者資格制度が改定されることになった。資格の名称やコーチが新設された。
・プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社と日本代表オフィシャルサポーター契約が締結された。
・11月25日、早稲田大学ラグビー部100周年記念式典が開催した。
【代表】
・リポビタンDチャレンジカップ2018
6月9日(大分) 第1戦 日本イタリア 34-17
6月16日(神戸) 第2戦 日本イタリア 22-25
6月23日(豊田)第3戦 日本ジョージア 28-0 2勝1敗と勝ち越した。
・ジャパンラグビーチャレンジマッチ2018
10月26日(花園) 日本選抜対世界選抜 28-31
・リポビタンDチャレンジカップ2018 
11月3日(味の素スタジアム)日本ニュージーランド 31-69
11月17日(トゥイッケナム)  第1戦日本イングランド 15-35
11月24日(キングスホルム) 第2戦日本ロシア 32-27
【ルール】
・2018年5月、世界的試験実施ルールが規則化された。「保持の定義」、「アンコンテスト」、「各ハーフの終了させるタッチキック」など17項目に及んだ。
【サンウルブズ】
 参戦3年目で成長し、世界にアピールした年になった。
・2018年3月~6月(ラウンド4~17) 13節のレッズ戦63-28で勝ち、その後ストーマーズブルズに勝利し3勝目をマークした。
・2019年2月~3月(ラウンド1~3)
参戦4年目、ワラターズに肉薄(30-31)、チーフス戦で史上アウェイの勝利(30-15)をした。
日本選手権】
 神戸製鋼、18シーズンぶりに第56回日本選手権兼トップリーグ総合順位決定トーナメントを制した。
・連覇中のサントリーサンゴリアスを序盤から圧倒し、開始3分でWTBアンダーソンフレイザーのトライで先制し、前半22-5で折り返したが、後半は神戸製鋼の勢いが止まらず相手をノースコアに抑え、55-5で優勝、サントリーの3連覇を阻止した。シーズンMVPにはダン・カーターが選出された。
【トップリーグカップ】
 レッドカンファレンスとホワイトコンファレンスの2グループに分かれて接戦が展開し、7節を終えて順位が確定した。その後1位から8位、9位から13位の順位決定トーナメントが開催した。
 新設されたこの大会、1月13日~19日に総合順位決定トーナメントが行われ、プールD1位のトヨタがプールA1位のサントリーを43-34で破り初代チャンピオンとなった。
【大学】
第55回全国大学選手権、準決勝では天理大帝京大を29-7、明治大は早稲田大を31-27でそれぞれ破っての決勝進出。決勝で明治大学は天理大を22-17で下し王座を奪還、13回目の優勝を飾った。関東対抗戦は帝京大早稲田大が共に6勝1敗で優勝となった。関東リーグ戦は東海大が6勝1分けで優勝、関西は天理大が全勝優勝、九州は九州共立大が優勝。第69回全国地区対抗大会は東京学芸大が30-29の僅差で名古屋学院大を破り初優勝。
【セブンズ】
・4月6日~8日 男子HSBCセブンズワールドシリーズ2018-2019 コアチーム予選会 優勝し来シーズンのコアチーム昇格が決定した。
・4月15日~16日 男子HSBCセブンズワールドシリーズ2017-2018 第8戦シンガポール大会 13位
・4月21日~22日 女子HSBCセブンズワールドシリーズ2017-2018 第3戦北九州大会 12位
・5月12日~13日 女子HSBCセブンズワールドシリーズ2017-2018 第4戦カナダ大会 9位
・6月8日~10日 女子HSBCセブンズワールドシリーズ2017-2018 第5戦フランス大会 11位
・7月20日~22日 ワールドカップセブンズ2018 サンフランシスコ大会 男子はケニアに勝利して15位、女子は最高の10位
・8月30日~9月1日 第18回アジア大会(ジャカルタ) 男子は2位、女子は優勝
・9月14日~15日 アジアラグビーセブンズシリーズ 第1戦香港大会 男女共に優勝
・9月29日~30日 アジアラグビーセブンズシリーズ 第2戦韓国大会 男女共に優勝
・10月6日~18日 第3回ユースオリンピック大会(ブエノスアイレス) 男子3位
・11月30日~12月1日 HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019 第1戦ドバイ大会 男子13位
・12月8日~9日 HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019 第2戦ケープタウン大会 15位
・2019年1月26日~1月27日 HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019 第3戦ハミルトン大会 15位
・2月2日~3日 HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019 第4戦オーストラリア 10位
・3月1日~3日 HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019 第5戦アメリカ大会 15位
【女子】
・3月18日 第4回全国女子ラグビー大会 優勝:日体大ラグビー部女子 2位:PEARLS 寝屋川
・平成29年度女子東西対抗試合(小田原・城山競技場) 東軍41対西軍12
【国際】
高校日本代表は3月17日~23日、ウェールズに遠征しU19ウェールズ代表などの対戦し3戦3敗の結果となった。
【地域】
第98回全国高校大会は大阪桐蔭桐蔭学園を破り初の優勝(26-24)。第73回福井国体、優勝は成年の部福井県、少年の部奈良県、女子の部大阪府。第49回全国高専大会は奈良工業高専が9年ぶり2回目の優勝。第26回全国クラブ大会は北海道バーバリアンズが優勝、2連覇を飾った。2019年4月、第20回全国高校選抜大会は桐蔭が御所実業を破り3連覇を果たした。