日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

日本ラグビーフットボール史

ワールドカップと日本

初参加から5大会連続出場の偉業

【第1回大会】
▼開催国:オーストラリアニュージーランド
▼期間:1987年5月22日〜6月20日
▼出場チーム:予選(太字の上位2チームが決勝トーナメント進出)
▽プール1:オーストラリアイングランドアメリカ日本(3戦全敗)
▽プール2:ウェールズアイルランドカナダトンガ
▽プール3:ニュージーランドフィジー、イタリアアルゼンチン
▽プール4:フランススコットランドルーマニアジンバブエ
 
日本の予選成績
①5.23●日本18−21アメリカ○(ブリスベン)
②5.30●日本7−60イングランド○(シドニー)
③6.3●日本23−42オーストラリア○(シドニー)
 
決勝トーナメント
①6.6準々決勝○ニュージーランド30−6スコットランド●(クライストチャーチ)
②6.7準々決勝○オーストラリア33−15アイルランド●(シドニー)
③6.7準々決勝○フランス31−16フィジー●(オークランド)
④6.8準々決勝○ウェールズ16−3イングランド●(ブリスベン)
 
①6.13準決勝○フランス30−24オーストラリア●(シドニー)
②6.14準決勝○ニュージーランド49−6ウェールズ●(ブリスベン)
 
①6.20決勝○ニュージーランド29−9フランス●(オークランド)
 
第1回ワールドカップ日本代表
 
団長  金野滋(日本協会専務理事)
監督  宮地克実(日本協会強化委員)
コーチ 水谷真(日本協会強化委員)
主将  林敏之(神戸製鋼)
 
日本代表対戦メンバー表(先発メンバー)

 
【第2回大会】
▼開催国:英国(4ホームユニオン)、フランス
▼期間:1991年10月3日〜11月2日
▼出場チーム:予選(太字の上位2チームが決勝トーナメント進出)
▽プール1:ニュージーランドイングランドイタリアアメリカ
▽プール2:スコットランドアイルランド日本ジンバブエ
▽プール3:オーストラリア西サモアウェールズアルゼンチン
▽プール4:フランスカナダルーマニアフィジ
 
日本の予選成績
①10.5●日本9−47スコットランド○(エディンバラ)
②10.9●日本16−32アイルランド○(ダブリン)
③10.14○日本52−8ジンバブエ●(ベルファースト)
(日本代表はW杯出場6試合目で貴重な初の1勝を記録)
 
決勝トーナメント
①10.19準々決勝○スコットランド28−6西サモア●(エディンバラ)
②10.19準々決勝○イングランド19−10フランス●(パリ)
③10.20準々決勝○オーストラリア19−18アイルランド●(ダブリン)
④10.20準々決勝○ニュージーランド29−13カ ナ ダ●(リール)
 
①10.26準決勝○イングランド9−6スコットランド●(エディンバラ)
②10.27準決勝○オーストラリア16−6ニュージーランド●(ダブリン)
 
③10.30 3位決定戦○ニュージーランド13−6スコットランド●(カーディフ)
 
①11.2決勝○オーストラリア12−6イングランド●(ロンドン)
 
第2回ワールドカップ日本代表
 
団長  金野滋(日本協会専務理事)
副団長 白井善三郎(日本協会強化委員長)
監督  宿沢広朗(日本協会強化委員)
主将  平尾誠二(神戸製鋼)
 
日本代表対戦メンバー表

 
【第3回大会】
▼開催国:南アフリカ
▼期間:1995年5月25日〜6月24日
▼出場チーム:予選(太字の上位2チームが決勝トーナメント進出)
▽プールA:南アフリカ、オーストラリアカナダルーマニア
▽プールB:イングランド西サモアイタリアアルゼンチン
▽プールC:ニュージーランドアイルランドウェールズ日本
▽プールD:フランススコットランドトンガ、コートジボアール
 
日本の予選成績
①5.27●日本10−57ウェールズ○(ブルームフォンテーン)
②5.31●日本28−50アイルランド○(ブルームフォンテーン)
③6.4●日本17−145ニュージーランド○(ブルームフォンテーン)
 
決勝トーナメント
①6.10準々決勝○フランス36−12アイルランド●(ダーバン)
②6.10準々決勝○南アフリカ42−14西サモア●(ヨハネスブルク)
③6.11準々決勝○イングランド25−22オーストラリア●(ケープタウン)
④6.11準々決勝○ニュージーランド48−30スコットランド●(プレトリア)
 
①6.17準決勝○南アフリカ19−15フランス●(ダーバン)
②6.18準決勝○ニュージーランド45−29イングランド●(ケープタウン)
 
①6.22 3位決定戦○フランス19−9イングランド●(プレトリア)
①6.24決勝○南アフリカ15−12ニュージーランド●(ヨハネスブルグク)
 
第3回ワールドカップ日本代表
 
団長  白井善三郎(日本協会専務理事)
監督  小薮修(日本協会強化委員長)
コーチ 洞口孝治(日本協会強化委員)
主将  薫田真広(東芝府中)
 
日本代表対戦メンバー表

 
【第4回大会】
▼開催国:英国4ホームユニオン&フランス
▼期間:1999年10月1日〜11月6日
▼出場チーム:予選
▽プールA(スコットランド):南アフリカ、スコットランドスペインウルグアイ
▽プールB:(イングランド):ニュージーランドイングランドイタリアトンガ
▽プールC:(フランス):フランスフィジー、カナダ、ナミビア
▽プールD:(ウェールズ):※ウェールズアルゼンチン西サモア日本
▽プールE:(アイルランド)豪州、アイルランドアメリカルーマニア
ウェールズはホストユニオンとして決勝トーナメントに進出
 
 日本の成績
①10.3●日本9−43西サモア○(レクサム)
②10.9●日本15−64ウェールズ○(カーディフ)
③10.16●日本12−33アルゼンチン○(カーディフ)
 
決勝トーナメント
〔準々決勝プレーオフ〕
①10.20○イングランド45−24フィジー●(ロンドン)
②10.20○スコットランド35−20西サモア●(エディンバラ)
③10.20○アルゼンチン28−24アイルランド●(ダブリン)
 
①10.23準々決勝○豪州24−9ウェールズ●(カーディフ)
②10.24準々決勝○南アフリカ44−21イングランド●(パリ)
③10.24準々決勝○フランス47−26アルゼンチン●(ダブリン)
④10.24準々決勝○ニュージーランド30−18スコットランド●(エディンバラ)
 
①10.30準決勝○豪州27−21南アフリカ●(ロンドン)
②10.31準決勝○フランス43−31ニュージーランド●(ロンドン)
 
①11.4 3位決定戦○南アフリカ22−18ニュージーランド●(カーディフ)
 
①11.6決勝○豪州35−12フランス○(カーディフ)
(豪州は第2回大会に続いて2度目の優勝
 
第4回ワールドカップ日本代表
 
団長  河野一郎(日本協会強化本部長)
監督  平尾誠二(日本協会強化委員)
コーチ 土田雅人(日本協会強化委員)
主将  アンドリュー・マコーミック(東芝府中)
 
日本代表対戦メンバー表

 
【第5回大会】
▼開催国:オーストラリア(2度目)
▼期間:2003年10月〜11月22日
▼出場チーム:予選(太字の上位2チームが決勝トーナメントへ進出)
▽プールA:オーストラリアアイルランドアルゼンチンルーマニア、ナミビア
▽プールB:フランススコットランドフィジー、アメリカ日本
▽プールC:イングランド、南アフリカ、サモアウルグアイ、グルジア
▽プールD:ニュージーランドウェールズイタリアカナダトンガ
 
日本の予選成績
①10.12●日本11−32スコットランド○(タウンズビル)
②10.18●日本29−51フランス○(タウンズビル)
③10.23●日本13−41フィジー○(タウンズビル)
④10.27●日本26−39アメリカ○(ゴスフォード)
 
 決勝トーナメント
①11.8準々決勝○ニュージーランド29−9南アフリカ●(メルボルン)
②11.8準々決勝○オーストラリア33−16スコットランド●(ブリスベン)
③11.9準々決勝○フランス43−21アイルランド●(メルボルン)
④11.9準々決勝○イングランド28−17 ウェールズ●(ブリスベン)
 
①11.15準決勝○オーストラリア22−10ニュージーランド●(シドニー)
②11.15準決勝○イングランド24−7フランス●(シドニー)
①11.20 3位決定戦○ニュージーランド40−13フランス●(シドニー)
 
①11.22決勝○イングランド20−17オーストラリア●(シドニー)
(イングランドの優勝でエリス杯が初めて北半球にもたらされる)
 
第5回ワールドカップ日本代表
 
団長 真下昇(日本協会専務理事)
監督 向井昭吾(日本協会強化委員長)
主将 箕内拓郎(NEC)
 
日本代表対戦メンバー表