港区/デジタル版 港区のあゆみ

港区史 自然編

第Ⅱ章 港区の気候と気象

《参考文献》

伊藤孝士・阿部彩子 2007.第四紀の氷期サイクルと日射量変動.地学雑誌 116:768-782.
上野広行 2013.東京都におけるPM2.5の観測と実態.安全工学 52:388-393.
上野広行・秋山薫・石井康一郎・三好猛雄・横田久司・名古屋俊士 2011.東京都における夏季のPM2.5及び水溶性有機炭素とオキシダント濃度との関係、大気環境学会誌 46:124-130.
牛山素行 2017.日本の風水害人的被害の経年変化に関する基礎的研究.土木学会論文集B1(水工学)73:I_1369-I_1374.
大鹿村中央構造線博物館.地質年代表.http://mtlwebmusesub.web.fc2.com/t100211quaternaryt.htm
岡暁子・高橋日出男・中島虹・鈴木博人 2019.降水域の広がりに着目した東京とその周辺域における夏季強雨発現の地域特性.E-journal GEO 14:233-245.
小倉義光 2016.一般気象学 第2版補訂版.東京大学出版会:308.
小元敬男・鱧谷憲・嚴香姫 1994.わが国の都市の近年の湿度変化.水文・水資源学会誌 7:106-113.
鍵屋浩司・足永靖信 2013.ヒートアイランド対策に資する「風の道」を活用した都市づくりガイドライン.国土技術政策総合研究所資料 730,国土交通省国土技術政策総合研究所.
環境省 2003.平成14年度ヒートアイランド現象による環境影響に関する調査検討業務報告書.環境省.https://www.env.go.jp/air/report/h15-02/index.html
気象庁 1998.気象観測の手引き:81.https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kansoku_guide/tebiki.pdf
気象庁 2006.ヒートアイランド監視報告(平成17年夏季・関東地方).https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/himr/2005/himr2005.pdf
気象庁 2012.気候変動監視レポート 2011,世界と日本の気候変動および温室効果ガスとオゾン層等の状況について:62.http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/monitor/2011/pdf/ccmr2011_all.pdf
気象庁 2020.気象観測統計の解説(令和2年4月1日改正):129.https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/kaisetu/shishin/shishin_all.pdf
気象庁観測部 2016.地上気象観測地点「東京」の露場移転について(その2 平年値の更新について).測候時報 83:7-32.
倉嶋厚 1977.気象災害の時代的変遷と、これに対応する防災気象情報の発展について.地学雑誌 86:20-38.
栗田秀實・上田洋匡・光本茂記 1987.弱い傾度風下での大気汚染の長期輸送の気象学的構造.天気 35:23-35.
瀬戸芳一・福嶋アダム・高橋日出男 2019.夏季の南関東における局地風系の交替時刻の地域分布.E-journal GEO 14:223-232.
高橋一之・高橋日出男 2013.夏季夜間の局地風系に及ぼす東京都心域のヒートアイランド現象の影響─高密度観測網の気圧データを用いた事例解析─.天気 60:505-519.
高橋一之・高橋日出男 2014.夏季夜間の局地風系に及ぼす東京都心域のヒートアイランド現象の影響(続報)─局地風前線の停滞・通過と周囲の気圧場の関係─.天気 61:525-540.
高橋日出男 2003.東京とその周辺における夏季(6~9月)日降水量の階級別出現特性の経年変化.天気 50:31-41.
高橋日出男・清水昭吾・大和広明・瀬戸芳一・横山仁 2014.稠密観測データに基づく晴天弱風の冬季夜間における東京都区部を中心とした気温分布について.地学雑誌 123:189-210.
高橋日出男・中村康子・鈴木博人 2011.東京都区部における強雨頻度分布と建築物高度の空間構造との関係.地学雑誌 120:359-381.
東木竜七 1926.地形と貝塚分布より見たる関東低地の旧海岸線.地理学評論2(7-9):597-607,659-678,746-773.
中根和郎 2002.東海豪雨における豪雨と中小河川水位の関係.主要災害調査 38:17-98.
成田健一・鍵屋浩司 2010.臨海都市における中小河川の風の道としての効果 東京・目黒川における微気象観測.日本建築学会環境系論文集75(653):637-644.
畠山久尚 1966.気象災害.共立出版:446+9.
福井英一郎・和田憲夫 1941.本邦の大都市に於ける氣温分布.地理学評論17:354-372.
藤部文昭 2001.都市が降水に及ぼす影響.水利科学 45:1-14.
藤部文昭 2004.ヒートアイランドが降水におよぼす影響夏の対流性降水を中心にして.天気 51:109-115.
藤部文昭・坂上公平・中鉢幸悦・山下浩史 2002.東京23区における夏季高温日午後の短時間強雨に先立つ地上風系の特徴.天気 49:395-405.
三上岳彦・大和広明・安藤晴夫・横山仁・山口隆子・市野美夏・秋山祐佳里・石井康一郎 2005.東京都内における夏期の局地的大雨に関する研究.東京都環境科学研究所年報 2005:33-42.
三上岳彦・大和広明・広域METROS研究会 2011.広域METROSによる首都圏高密度気温観測とその都市気候学的意義.地学雑誌 120:317-324.
港区公式ホームページ「環境調査・統計・報告」.https://www.city.minato.tokyo.jp/kankyoushidou/kankyo-machi/kankyo/chosa/index.html
宮田賢二 1982.広島県の海陸風.広島女子大学地域研究叢書(3),広島女子大学:395.
山川修治 1993.小氷期の自然災害と気候変動.地学雑誌 102:183-195.
大和広明・三上岳彦・高橋日出男 2011.夏季日中における首都圏のヒートアイランド現象に海風が与える影響.地学雑誌 120:325-340.
Bornstein, R. D. 1968. Observations of the urban heat lsland effect in New York City. Journal of Applied Meteorology 7: 575-582.
Fujibe, F. 2015: Relationship between interannual variations of extreme hourly precipitation and air/ sea-surface temperature in Japan. SOLA 11: 5-9.
Harada, A. 1981. An analytical study of nocturnal low-level jet over the Kanto plains, Japan. Pap. Met. Geophys 32: 233-245.
Howard, L. 1833. The climate of London deduced from meteorological observations made in the metropolis and at various places around it. Vol. 1, Harvey and Dalton, London. (Howard, L. 2007. The Climate of London. IAUC edition.) http://urban-climate.org/documents/LukeHoward_Climate-of-London-V1.pdf
IPCC 2007. Climate change 2007: The physical science basis. Contribution of Working Group I to the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change in Solomon, S., D. Qin, M. Manning, Z. Chen, M. Marquis, K. B. Averyt, M. Tignor and H. L. Miller (eds.) Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, USA: 996pp.
IPCC 2013. Climate Change 2013: The Physical Science Basis. Contribution of Working Group I to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change [Stocker, T.F., D. Qin, G. -K. Plattner, M. Tignor, S.K. Allen, J. Boschung, A. Nauels, Y. Xia, V. Bex and P.M. Midgley (eds.)]. Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA, 1535 pp.
Kanae, S., Oki, T. and Kashida, A. 2004. Changes in hourly heavy precipitation at Tokyo from 1890 to 1999. Journal of the Meteorological Society of Japan 82: 241-247.
Kurashige, Y. and Miyashita, A. 1998. How many days in a year can Mt. Fuji and the Tokyo Tower be seen from the Tokyo suburban area? Journal of the Air & Waste Management Association 48, 763-765.
Lamb, H.H. 1982. Climate, History and the Modern World. Methuen, London, 387p.
Lisiecki, L.E. and Raymo, M.E. 2005. A Pliocene-Pleistocene stack of 57 globally distributed benthicδ18O records, Paleoceanography 20: PA1003.(https://lorraine-lisiecki.com/stack.html)
Mikami, T. 1996. Long term variations of summer temperatures in Tokyo since 1721. Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University 31: 157-165.
Milanković, M. (ed.) 1930. Mathematische Klimalehre und Astronomische Theorie der Klimaschwankungen. Borntraeger, Berlin.
Orlanski, I. 1975. A rational subdivision of scales for atmospheric processes. Bulletin of the American Meteorological Society 56: 527-530.
Ruddiman, W.F. 2008. Earth’s Climate: Past and Future (2nd ed.). Freeman and Company, NewYork, 465p.
Yamato, H., Mikami. T. and Takahashi, H. 2017. Impact of sea breeze penetration over urban areas on midsummer temperature distributions in the Tokyo Metropolitan area. International Journal of Climatology 37: 5154-5169.
Yonetani, T. 1982. Increase in number of days with heavy precipitation in Tokyo urban area. Journal of Applied Meteorology 21: 1466-1471.
                    (高橋日出男)