多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧東條村

牛尾(うしのお)

 現在(昭和五十九年十一月現在)の規模は
 
  宅地  九町八反三畝一八歩
  田   一三四町五反一二歩
  畑   二〇町六反三畝三歩
  山林  一七町一反一六歩
  原野  一町九反八畝一二歩
  池沼  九反九畝二一歩
  その他 六反九畝一三歩
   計  一八五町七反五畝五歩
  世帯数 一〇六戸
  人口  四四四人 男二二一人 女二二三人
                        (世帯数・人口は昭和五十九年十月現在)
 
 このようになっている。
 これに対して、寛文十二年(一六七二)に多古藩が調査した資料(後に詳述)によると、
 
   高   千弐百拾七石九斗四升
   田   百弐拾壱町四畝九歩
   畑   拾五町四反五畝弐拾弐歩
   屋敷  弐町四反七畝拾歩
 
 田畑屋敷合わせての面積は一三八町九反七畝一一歩である。
 そして弘化二年(一八四五)関東取締役の調査には「松平相模守領分 高千弐百拾七石九斗四升 家数九拾三軒」と、同じ数値の石高が記されている。
 この五年後に松平氏は国替えとなり、同領地は旗本によって知行されるが、明治初年の『旧高旧領取調帳』は
 
  代官支配所 八四二石三斗五升五勺
  杉浦常之助 三九〇石九斗八升九合五勺
 
と記し、その合計石高は一二三三石三斗四升となっている。
 このことから現在を見ると、田畑宅地の面積で約二六町歩、戸数で一三戸の増加があったことがわかる。