多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧東條村

牛尾(うしのお)


 

 多古町域最南端の集落である。北部の丘陵地から岬状に張り出した台地の東方は栗山川に面し、背梁部は芝山町に接していてかつては下総・上総両国の国境いであり、現在もなお交通の要所として重要な位置を占めている。西側台地の半分は芝山町谷台である。