多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧東條村

船越(ふなこし)

宗教/神社・寺院

 字宮谷二四七八の二番にあって、ここも粟田集落内の一部の人々によって祭祀されている。明治の『社寺明細帳』には次のように記されている。
 
       千葉県管下下総国香取郡東條村船越字宮ノ谷
                                    無格社 日吉大神
  一、祭神 大山咋命
  一、由緒 寛文十二年(一六七二)創立
  一、社殿 本殿
  一、境内 百拾六坪
  一、氏子 拾四戸
 
 木造社殿が雨屋の中にあるが、八〇段余りの石段を登った丘の頂上である。
 その石段に「文政七甲申(一八二四)六月吉日惣氏子中」、本殿前の手洗石に「奉納 紀元二千六百年記念 昭和十五年九月 寄附者寺田実」、コンクリート製鳥居には「昭和四十六年七月吉日 氏子中建之」とそれぞれ刻まれている。