多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧東條村

船越(ふなこし)

 集落内に多い寺田・佐瀬氏などを姓とする家々の言い伝えによると、その祖先は隣村の千田から字粟田へ移り住んだということで、この伝承は隣接する芝山町境の鈴木家にもある。また、千田も台地から現在の水田地域周辺に移住したといわれているが、水田が開発されるに伴って、耕作上の利便から、千田台地に住んだ人たちが、現在の千田・船越・芝山町境へと移住したであろうことは、十分にうなずけることである。
 字谷の水田地域の奥は千田に接していて、台地上の字屋倉・仮屋あたりの畑地には土器片が無数に出土し、先住民の住居跡であったことをうかがわせている。
 寺田家の伝承に、天文十七年(一五四八)ごろの人寺田右京之亮は、坂田(横芝町)の城主井田因幡守に仕えたが、後に千田村に住み帰農して字粟田に移住したといい、鎗・くつわなどを今に伝えている。
 天文十七年は戦国時代であり、室町幕府十二代足利義晴のときで、『横芝町史』によれば、井田氏が千葉介勝胤の臣下に入ってから一五年ほど後である。なお同町史は、船越・牛尾一帯は、戦国時代末期には、上総大台城(芝山町)の井田氏の所領であったらしいことを載せている。
 坂田城は天正十八年(一五九〇)北条氏滅亡とともに開城となるので、寺田家の帰農移住はこの後のことと考えられる。
 佐瀬家も古くは千田に住み、のち粟田に移住したと伝えられ、旧住家にあった棟札に「大工椎名七兵衛 木挽佐瀬文三 大立寺九世日幽」「佐瀬甚左衛門に授く 延享五年(一七四八)」の文字が見られたという。この年は七月に改元されて寛延元年となるが、徳川九代将軍家重のころで田沼意次の全盛の時代である。
 椎名家墓地内に塚があり、椎名安芸守の墓といわれている。この椎名安芸守は、栗山川対岸の、古くは南條庄内虫生(むしょう)村(現・光町)と称したところにある「鬼来迎」(国の重要無形民俗文化財に指定)で有名な広済(西)寺の創立者としてその名が見られる。同寺に伝わる縁起には次のように記されている。
 
   下総国匝瑳郡虫生村鬼面畧縁起
抑当所辻堂ニ鬼来迎出現並ニ慈士山広西寺伽藍等 其後鬼面天降リ賜亦々飛去給
濫觴奉奉尋 昔年人王八十二代当テ後鳥羽院ノ御宇ニ建久七丙辰年仲夏中旬 当所ノ城主椎名安芸守連高(尊)ノ御草創也(以下略)
 
 この椎名安芸守については、光町の郷土史家故本橋正三郎氏が、「椎名氏は千葉介三代常兼の六男胤光(椎名六郎と称した)を祖とし、その子孫が、匝瑳郡内の各地を領した。
 広済寺開基の年代が後鳥羽院の御代とあるが、開山石屋(せきおく)は「応永三十年(一四二三)に示寂」と『日本名僧伝』にあるから(中略)、これは縁起を書いた当時の誤りであろうか。建久頃に椎名安芸守がいたとすると、時代は初祖の胤忠に当たり、石屋の開山を正しいとすると、時代は応永であるから、安芸守は初祖より五、六代後の人であろうかと思う」といっている(『匝瑳郡と椎名氏族』)。
 この塚は、後世に他のほとんどの城主がそうであったのと同様、帰農してこの地に移った一族のものであるか、またその子孫の誰かが、氏祖である安芸守の霊を祀ったものであるのかもしれない。