多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧多古町

五反田(ごたんだ)

 当村の石高は『元禄郷帳・天保郷帳・旧高旧領帳』ともに一一七石八斗七升であった。この年貢は八五俵で、この内から名主給米など諸費用を差し引いて納入された。
 弘化二年(一八四五)の村高は一一七石八斗七升で、「家数は十一軒、小栗又一の知行、多古村外五十一村組合のうち」であった(『香取郡誌』)。
 面積・戸数・人口は、江戸時代の戸数一一戸(安永・文化・弘化の記録)、明治年間の戸数一〇戸(初年~四十二年の記録)、明治四年の人口四七人(内男二三・女二四)。
 江戸時代末期から明治にかけての面積は
 
  田   八町七反九畝一〇歩
  畑   五町三反一畝一〇歩
  宅地  七反三畝三歩
  山林  一二町七反一畝三歩
  墓地  三畝一〇歩
  種井  一六歩
  原野  三反歩
  合計  二七町二反五畝歩
 
 このようになっているが、現在(昭和五十九年十一月現在)の規模についてみれば次のとおりである。
 
  宅地  八反九歩
  田   一〇町三反七畝二〇歩
  畑   七町六反七畝二一歩
  山林  四町九反四畝八歩
  原野  三畝九歩
  その他 五町五反九畝一二歩
   計 二九町四反二畝一九歩
  世帯数 一四戸
  人口 六九人 男二八人 女四一人
                            (世帯数と人口は昭和五十九年十月現在)
 
 宅地・田・畑についてみれば、四町歩ほどの増加が見られるだけである。
 村には共有の茅場があり、村人が順番に採取して屋根の葺替えをした。
 また壱反四畝の宮田(社田)があり、かつては共同耕作によって収穫を得たが、後に村人に貸付けて年貢を徴収し、これを「おびしゃ米」や公租その他の費用に充てた。
 往時、村の仁兵衛が長谷清水の流れを川戸堤に堰止めて溜池となし、水田を灌漑し村人は毎年「池そうじ」、「みおざらい」をしていたが、昭和四十三年に土地改良による用水施設がなされ、いまは昔日の面影はない。