多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧多古町

林(はやし)

路傍の小祠・石宮など

 旧道沿いの各所には、社というほどのものではないにせよ、幾つかの石塔や石宮がある。字道祖神八五〇番の二にある椎の古木の陰には、「道祖神」とのみ刻まれた三〇センチあまりの石宮が見られる。
 このほか、多くは街道筋に立てられ、農馬の守護神といわれる馬頭観世音が二カ所にある。
 字栗剥谷(くりはぎさく)八二三番には、高さ一メートル余の石塔があって、「南無妙法蓮華経 馬頭観世音 文久二壬戌年(一八六二)十月吉日建之 願主鈴木平兵衛」と刻まれ、もう一基は、字名内(なうち)六四五番にある六五センチのもので、「馬頭観世音菩薩享和二壬戌(一八〇二)十二月吉日 林村」と刻まれている。
 字庄屋見下(しょうやみした)六五七番の墓地内に、よこ六〇センチ、たて七五センチほどの板碑があり、かつての支配者千葉氏一族の供養碑であると伝えられているが、建立の時代や施主の名前は不明である。この碑に刻まれた文字は、
 
            千葉介常重
      常兼子六人 上総介常宗
    大千葉介常永公 臼井 常安
    南無妙法蓮華経 匝瑳 常廣
     千葉介常兼公 椎名 胤光
            海上 与一
 
 以上のように明瞭に判読できる。