多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧多古町

林(はやし)


 

 ここは多古町の西方で、北部旧牧地域から南へ伸びる台地の中ほどにあり、集落の高地を南北に走る旧道が、上総・下総を分ける国境いにもなっていた。東方は多古橋川をはさんで旧多古村に面している。
 現在の規模は(昭和五十九年十一月現在)次のとおりである。
 
  宅地  五町四反九歩
  田   四十町四反五畝一九歩
  畑   五一町六反四畝三歩
  山林  六五町七反四畝一一歩
  原野  一町四反三畝一六歩
  池沼  一反一一歩
  その他 二町六反七畝八歩
   計  一六七町四反五畝一七歩
  世帯数 五四戸
  人口  二七七人 男一三四人 女一四三人
      (世帯数・人口は昭和五十九年十月現在)
 
 村に残された古い土地台帳で『天正十九年辛卯検地覚書 地頭保科弾正忠正直』の表題のある文書には、
 
  一、高三百拾石壱斗四升
    此反別三拾弐町弐反拾九歩
   内わけ
    上田 三町三反七畝拾歩   盛拾四
    中田 五町九反八畝弐拾四歩 盛拾弐
    下田 拾町九反九畝弐拾四歩 盛拾
    下々田  四反四畝拾四歩  盛七
     (計)弐拾町八反拾弐歩
    上畑 弐町壱畝三歩     盛九
    中畑 壱町九反八畝弐拾三歩 盛八
    下畑 四町八反九畝拾壱歩  盛七
    下々畑 壱町九反弐畝拾歩  盛弐
     (計)拾町八反壱畝拾七歩
    屋敷  五反八畝弐拾歩   盛拾
     (総計)三拾弐町弐反拾九歩
 
と記されているが、これを現在(田・畑・宅地のみ)と比較してみると、四〇〇年ほどの年月の間に、六五町二反余で実に三倍近い増反となっている。