多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧多古町

水戸・石成(みと・いしなり)

宗教/神社・寺院

 水戸の鎮守で、字谷ノ台一二九七番にある。この社について明治の『社寺明細帳』は、次のように記している。
 
      千葉県管下下総国香取郡多古町水戸字谷ノ台
                     無格社 三社大神
 一、祭神 天照皇大神 誉田別命 経津主命
 一、由緒 応永元甲戌年(一三九四)正月勧請ノ由古老ノ口碑ニ存ス
 一、社殿 本殿
 一、境内 七拾弐坪
 一、氏子 六拾戸
 
 集落北側の台地上にあり、周囲は椎の古木に覆われている。本殿は亜鉛葺きで、一・八メートル四方ほどの欅造りである。本殿に向かって右手の雨屋の内に木造小宮が二基安置されていて、神名は記されてはいないが、家業繁盛の神大鳥様と、学問の神天満宮であるといわれている。

三社大神

 奉献物としては、高さ一メートル弱の石燈籠が一対あり、「御神燈 嘉永元年申(一八四八)九月吉日 願主高岡半兵衛」と左右同文が刻まれている。嘉永七年(一八五四)奉納の手洗い石には、世話人与兵衛 治兵衛 仁左衛門 の名が見られる。