多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧中村

南和田(みなみわだ)

宗教/神社・寺院

 この寺は、南和田内にありながら村内の檀家は二戸のみである。しかしまた、境内および隣接する墓地に建つ墓石は村全戸にわたっている。『中村寺院明細帳』はその沿革について次のように記している。
 
     千葉県管下下総国香取郡南和田村字和田
                                  法華経寺末
                                     日蓮宗 福現寺
  一、本尊    釈迦牟尼仏
  一、由緒    不詳
  一、堂宇間数  間口七間半 奥行三間半
  一、境内坪数  三百四十坪
  一、境外所有地 略(七筆)
  一、檀徒人員  四十九人    以上
 
 また、明治十九年四月七日、村惣代並木三之丞・立会人大倉常吉の署名がある『下総国香取郡南和田村沿革歴史』には「福現寺ハ北方字台ニアリ日蓮宗也。和田山ト号ス。下総国東葛飾郡中山村法華経寺末寺也。創立年月日貞治二年(一三六三)八月」とあり、さらに、元禄元年(一六八八)霜月八日に日本寺三十三世日演(唯本院通雅)が記した『談林年貢帳』の末尾には「和田村福賢寺(ママ)、当談林之末寺也」とある。言い伝えでは貞治二年に日本寺三祖日祐(浄行院)の開基によるものであるともいわれている。