多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧中村

北中(きたなか)

宗教/神社・寺院

 字大鯉一四二七番で集落の北端になり、栗山川沿岸の水田中に突き出た丘の上にある。坂並の鎮守で、明治の『神社明細帳』には次のように記されている。
 
     千葉県管下下総国香取郡中村北中字大鯉堺
                                 無格社 八幡神社
  一、祭神   誉田別命
  一、由緒   不詳
  一、社殿間数 間口五尺 奥行四尺
  一、境内坪数 弐百拾六坪
  一、信徒人員 弐拾人
    明治四十二年四月一日、同所妙見社(祭神天御中主命)を合祀。
 
 このように、道祖神の東側にあったといわれる妙見社の合祀も記されている。社前に木造の鳥居が四基あり、うち一基は朱塗りである。石の手洗いには「文政五壬午(一八二二)二月吉日 願主五十嵐平左衛門」。石燈籠があるがそれには寄進者などの刻字はない。境内社として一社祀られているが、疱瘡の神といわれているその石宮には、「 正大明神 文化十二乙亥(一八一五)一一月吉日 当村若者中」とある。