多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧中村

南中(みなみなか)

宗教/神社・寺院

 境内の坪数は五二五坪といわれ、堂宇の一つに妙見社が祀られている。千葉氏一族の氏神であることはつとに知られているが、大檀越千葉胤貞がその武運を祈念したものであろう。棟には同氏族の家紋である九耀星が付されている。
 妙見社前・山門右手に拝殿造りの七面堂がある。本尊は七面天女で、身延山久遠寺の鎮守として日蓮の高弟日朗が七面山に祀って以来、同宗の守護神とされている。堂前の鰐口は天明七年(一七八七)に村人が寄進したもので、幟も保存されている。
 妙見の左側にある小祠は、火災盗難除けの神で知られる古峯神社の分社で、氏子は毎年三名の代参人によって古峯本社(栃木県)のお札を受けるならわしになっているという。
 山門前の石塔には、次のように刻まれている。
 
 「南無日蓮大菩薩 五百遠忌巨榮山二十六世湛解院日勝代造立 後五百歳中 廣宣流布 惣檀中 安永七戉戌歳(一七七八)霜月 本願人 宗言 東谷六兵衛  甚右衛門 仝人妻  谷嘉右衛門 西谷武右衛門 東谷伊助 宮藤兵衛 町喜八 芝伝治郎 町    利兵衛 仝四郎兵衛 奥甚左衛門 東谷七兵衛 芝徳兵衛」
 
 これは、日蓮の没後五〇〇年になろうとするとき、その回向のために建てた題目碑である。
 本堂内陣には本尊の釈迦牟尼仏をはじめ、一塔両尊四菩薩七体・日蓮聖人像・鬼子母神像・妙正天女像・清正公像などが安置され、日蓮聖尊定大曼荼羅がある。
 境内には歴代住職ほかの墓地があり、承応(一六五二~五四)、万治(一六五八~六〇)年代の石塔が多く見られる中で、次の三基の板碑(いずれも室町時代のもの)にはこのように刻まれている。
 
 板碑一
            右妙  第三年也
       南無多宝如来
  (天蓋)南無妙法蓮華経 (蓮座)
           
           応永九年(一四〇二)七 (月) 
 板碑二
     南無上行無辺行菩薩 右志者為悲母
    南無多宝如来     法真比丘尼十三
   南無妙法蓮華経     年成仏得
    南無尺迦牟尼佛    道乃至法界
     南無浄行安立行菩薩  平等利益而已
                応永十四天(一四〇七)八月日
                孝子〓(等)敬白
 板碑三
     長禄五年辛巳(一四六一)七月十九日 妙  
    大持国天王(不動種子)  大廣目天王
        南无日蓮大   妙佛
     南无上行无辺行菩薩     妙円
    南无多宝如来 鬼子母神 日栄 妙 
   南無妙法蓮華経 日 (花押) 日    
    南无 迦牟尼佛 十羅刹女 日  妙 
     南无浄行        日円 祐 
    大毘沙門天王(愛染種子)大増長天王 日  妙善
                 日  妙 
                    妙祐
 
 この板碑の年号「長禄」は四年の十二月二十一日までで、「長禄五年」とは改元した「寛正二年」のことである。金石文や古文書には、改元後も以前の年号を使う例はよく見られる。
 なおこの板碑は、もと東谷東福寺にあったものであるという。