多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧常磐(ときわ)村

南玉造(みなみたまつくり)

宗教/神社・寺院

 南玉造字宮田台一一三六番地で、宮田の水田を前にした丘の中段に祀られている。
 周囲は古い城址を偲ばせるような地形で、屋敷跡と思われる平地も残されている。台上の畑には古墳らしい塚も現存している。
 この社は参道左側に住む石井家の先々代が、霊感を得て勧請したものであるといわれている。そこに自然石様の板碑があり、次の刻字が見られる。
 
  (表)為悦衆生故   天下泰平
    南無妙法蓮華経春勧請石井稲荷大明神
    現無量神力   五穀成就
  (裏)明治二十一年九月匝瑳郡木積村平山金右衛門 年六十四歳奉勧請
 
 そして台石には、八カ村十八名の氏名が刻まれている。
 境内の石燈籠一対に昭和十一年の刻があり、石造手洗い二基は無刻である。
 板碑は、大正十三年に石段を奉納したときのもので、裏面に三十二名の氏名がある。
 拝殿右手に上屋付の馬頭観世音塔が四基あり、うち二基は明治三十九年と昭和三年のもので、他の二基は無刻である。