多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧常磐(ときわ)村

南玉造(みなみたまつくり)


 

 栗源町から流れて来る栗山川本流と、山田町を源とする支流が合流するところに南玉造は位置し、多古町の行政区としては最も大きな集落である。
 北部は柏熊を経て栗源町西田部・山田町山倉に境し、東部は川島・東松崎・方田から坂につながり、西部は栗山川流域の水田地帯を間にして次浦・西古内および谷三倉に面している。
 南部は八日市場市金原新田と多古町北中に続く台地に志代地・南台・小玉・宿・内野がそれぞれ隣接し、さらに坂並へと拡がっていく。海抜三十数メートルの平坦な沃地である。
 右の柏熊・志代地・南台・小玉・宿・内野・坂並の七集落の総称が南玉造であるが、区制発足当時(明治三十五年)は、次の八部に分けられていた。
 
  川玉……川島地区の玉造組(区費納付者数二四名)
  坂並……坂並地区の玉造組(同一六名)
  柏熊……南玉造区(同四一名)
  志代地…(同三五名)
  南台……(同三九名)および玉泉坊
  宿………(同三一名)
  内野……(同四〇名)
  小玉……(同一八名)
 
 柏熊・坂並は寛文の頃(一六六一~七二)に開発された新田地・枝村であるが、現在柏熊は行政区画とは別に独立し、柏熊区として区の運営がなされている。