多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町史

地域史編

旧久賀(くが)村

桧木(ひのき)

宗教/神社・寺院

 字竹ノサク一九一に鎮座する。祭神は天御中主命であるが、由緒は不詳である。牧神九曜星を祀るもので、馬牧の成立と同じ頃に建てられたものと思われる。永年にわたってその氏子は一二戸であった。

星宮大神

 後記「じょへん」火祭り行事が行われる境内には、末社として香取社・松崎社・猿田社・天神社の四社があり、いずれも延享二年(一七四五)に建てられている。また拝殿左側にある子安様は天明七年(一七八七)のものである。なお以上の五祠は、いずれも五〇~五五センチの石宮で、昔の姿を今に伝えている。