大網白里市/大網白里市デジタル博物館

石井雙石 解説

作品解説

  • 午睡律詩(印影)
  • 石井雙石
  • 昭和29年


老仙招我出塵寰、  老仙 我を招きて塵寰より出づ
飛上江南万里山、  飛上江南 万里の山
翡翠巖頭撥雲臥、  翡翠の岩頭 雲臥を撥し
芙蓉峯下躡星攀、  芙蓉の峰下 星攀を躡(ふ)む
呉波楚岫互呑吐、  呉波 楚岫 互いに呑吐し
白虎青羊相往還、  白虎 青羊 相い往還す
夢覺午窓堪一笑、  夢覚めし午窓 一笑に堪え
情遊只在瞬時閒。  情遊す 只だ瞬時の間に在るを
 午睡 雙石幷刻  午睡 雙石并せて刻す
 
 自作の詩を巨大な石印材に刻した、石井雙石の代表作のひとつ。昭和29年の第10回日展出品作。雙石は当時の文人と違わず、多くの詩を作っており、本作は、年老いた仙人が、煩わしい世から雙石を連れ出したが、それは一瞬の如き、夢であったという内容である。一見すると、印影からは、小印を数十顆、捺したものと捉えてしまうが、そうではなく、一つの巨大な石に縦横の界線を引き、そこに様々な篆書体で多様な表現が混然一体となった作風である。左下には、後に名とした「碩」を用いた、白文自用印「井碩」が捺される。
 なお原印が現存しており(現在は千葉県が所有し、県立美術館が管理)、2016年に「石井雙石篆刻資料」として千葉県の有形文化財(書跡)に指定されている。文化遺産オンラインのWEBサイトで、原印の姿を確認することができる。
 
解説: 髙橋 佑太(二松学舎大学専任講師・博士(芸術学)) 2019.3
 
目録を見る