東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第一〇篇 企業

B 金融機関

(一) 銀行

 (一) 所在地 東金市東金一一八七番地
 (二) 沿革の概要 戦時金融統制の一県一行を廃し、更に地元銀行を設立し、金融の円滑化とサービスの向上を望む気運が県民の間に高まり、当行の設立となる。
 昭和二七年(一九五二)三月三日、資本金五、〇〇〇万円をもって千葉市に設立。
 昭和二七年五月二〇日、東金支店は県内五番目の店舗として東金市東金一一七三番地に開店。
 昭和四二年(一九六七)一二月四日、現在地、東金一一八七番地に新築移転、今日に至る。
 (三) 支店長および行員 支店長田丸信雄、次長秋葉勝広、他行員二一名。
 (四) 資本金および頭取 資本金六六億三〇〇万円、頭取 吉原三郎。
 (五) 事業の概要、普通銀行業務・国債証券業務。