東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第八篇 民俗と風習

A 東金の民俗風習

(六) 信仰風習

 丹沢山地にそびえる大山は、大山阿夫利(あふり)神社で有名である。古来から修験道(しゅげんどう)の道場であり、関東地方では農神、産業神としての信仰を集めている。本地方からも参拝が出かけて行った。昔は徒歩で往復した。平塚経由で伊勢原の宿坊で一泊し、御師(おし)に先導されて参拝登頂し、帰りは平塚から江の島で一泊してきた。大体田植えのすんだ夏期に、二、三人で出かけた。浅田御師が出張して来た。
                       (下田中区)