東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第六篇 文化財・金石文

B 金石文

 最福寺の庫裏から本堂に通ずる渡り廊下の一角につりさげてある。
 「喚鐘(よびがね)」は、仏事執行を告げる鐘をいう。この喚鐘は模造朝鮮鐘といわれているが、鐘の周囲には、ぎっしり文字が刻まれている。
 即ち、
 
  南無妙法蓮華経(陽鐘)
      時代 日晴
  上総州山辺郡東金 安国山西福寺常住(陽鐘)
    奉寄進喚鐘
  帰寂本立院法寿日玄
       為追善
  逆修覚受院貞寿日豊
  元禄六癸酉年十月十六日(陽鐘)
  南無妙法蓮華経
  願主 木村市右衛門尉秀閑 本光院有慶日行敬白(陽鐘)
  冶工
    摂州大阪之住
    仏具屋勘右衛門作
 
 とある。元禄六年は一六九三年であるから、約三〇〇年前に寄進されたものであり、鋳工は大阪の仏具師であることがわかる。
 付記
  最福寺については本巻「宗教篇」の寺院の項を参照されたい。