東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第六篇 文化財・金石文

A 文化財

四 天然記念物

 東金市極楽寺二二〇番地にある。
 これは、同所山本恵一氏宅の門前脇にある木立の中にあるものであるが、樹齢およそ、四〇〇年と推定される大樹の古木である。
 四〇〇年の昔といえば一六〇〇年頃になるが、慶長年間で、徳川家康が、天下を統一して、戦国の世がようやく去った頃である。四〇〇年程の星霜を経たこの欅は目通り周囲五メートル九〇、高さ約二〇メートル程で、東金市は、昭和五五年(一九八〇)九月一六日、これを市の天然記念物に指定して、更に長く保護育成することに努めている。