東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第六篇 文化財・金石文

A 文化財

一 有形文化財

 この二品について、住職に質して見たが、存在は肯定したが、その入手経路等は不明とのことであった。
 この青磁の花瓶であるが、青磁であるとすれば、それは中国か韓国の器物であって、その価値はまことに高いものがある。
 というのは、青磁・白磁の焼物は、九二〇~一二九〇年頃、中国において五代から北宋・南宋の時代に創製されたものであり、その影響を受けて朝鮮半島の高麗で盛んになり、一二~一四世紀を経て李朝時代にその名を高めたものだからである。
 この二国の関係を図示すると、次の通りである。

 

 青磁はいくらか灰色がかった青で、その光沢はあまり強くない。しかし、当時の両国の工人は、天性の美意識をもっていて、無造作に作るにもかかわらず、肩・胴・脚に流れる調和のとれた線、気品、高雅さ、艶麗さ、渋さは言いつくせない温かさをもつといわれている。
 付記
  本漸寺については、本巻「宗教篇」の寺院の項を参照されたい。